オートミールもさまざま!おすすめと種類について

オートミールもさまざま!おすすめと種類について

ひと口にオートミールと言っても種類はさまざまです。また種類によってオートミールの形状や風味も違いますから、ぜひ自分に合った種類を見つけてみてください。ここではおすすめのオートミールと種類について解説します。

 

オートミールの種類

オートミールにはとにかくたくさんの種類があります。すべての種類が日本で購入できるかは分かりませんが、オートミールについて知るためにはまず種類について学びましょう。

 

スティールカットオーツ

脱穀したあと、さらに2~3分割にしたものです。生なので食べるときは30分程煮込まなければいけません。食感はプチプチしており、加熱しすぎるとドロドロします。

 

オーツブラン

オーツ麦の外皮になります。食物繊維が豊富なので健康食品として用いられており、シリアルと混ぜることで美味しく食べられます。お菓子やパン作りに使われることがほとんどです。

 

ロールドオーツ

よく売られているオートミールです。脱穀し蒸してから伸ばしたものをロールドオーツと言います。加熱処理されていますが、そのままでは硬いので調理したほうが食べやすくなります。

 

クイックオーツ

ロールドオーツをさらに細かくカットしたものです。水分が多いため時短調理に向いています。

 

インスタントオーツ

ロールドオーツを調理しすぐに食べられるようにしたもので、なかには味付けされているタイプもあります。そのまま食べたい方におすすめです。

 

おすすめのオートミール

お店でよく売られているものはロールドオーツやクイックオーツがほとんどです。オーツブランはコーンフレークとして売られていることが多いので、調理したい方には不向き。ここでは数あるオートミールメーカーからおすすめを3品紹介します。

 

「本格オートミール(ロールドオーツ)」

業務用スーパーで売っている1kg入りのオートミールです。業務用スーパーにはクイックオーツも売られていますが、こちらは500gなのでたっぷり使いたい方には本格オートミールがおすすめです。癖も少なく粒が大きいのでごはん代わりとして食べられます。価格が安いのも良いところ。

 

「ピュアオートミール」

日食から発売しているオートミールです。日本人向けに作られているので食べやすいですし、和食との相性も抜群。オーツ麦100%で栄養価が高いのも良いでしょう。牛乳でふやかしても美味しく食べられます。

 

まとめ

オートミールにもいろんな種類があるので、何を選んだら良いか分からない方は少なくありません。そこで今回はオートミールの種類やおすすめを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。これからオートミールをはじめる方も、ぜひ参考にしてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加