ダイエットを成功させるためには「お休み」が必須?

ダイエットを成功させるためには「お休み」が必須?

なかなか体重が減らず悩んでいる方は少なくないでしょう。こんなときは、ダイエットを「お休み」するのが一番です。お休みすることでこれまで減らなかった体重がグンと減るようになります。そんな「ダイエット休み」について解説します。

 

なぜダイエットをお休みしたほうが良いのか

特に期間を決めずにダイエットをしていると、体は「餓死状態」になり代謝が低下、太りやすくなると言われています。一方で2週間おきに少しずつ食べる量を増やしていくと、餓死状態になることなくスムーズに痩せられるようになります。このように、ダイエットは継続してやるよりもお休みを入れたほうがストレスフリーかつ簡単に痩せることができるというわけです。

 

ただ劇的に体重が減るわけではないため、即効性を期待している方にはストレスに感じるかもしれません。しかし、代謝が減ってしまうことを考えるとやはりお休みを入れながらダイエットをしたほうが安心と言えるでしょう。

 

「お休み」にベストなダイエット方法

ダイエットにお休みを入れると言っても方法はさまざまです。一般的には先ほども述べたように“2週間おきに食べる量を増やしていく方法”になります。他にも、週に1回のチートデイや平日のみダイエットなどいろんな方法があります。ダイエット休みを入れる目的は「体を休める」「心を休める」ため。

 

お休み中の食事は、

  • 空腹感に合わせる
  • 時間帯はいつも通りをキープする
  • 食事量計算はしない
  • 2週間のみ

 

お休み期間だからと言って、ドカ食いをするのはNGです。あくまで空腹感に合わせて食事をし、いつもの食事時間をキープします。2週間休んだら、今までどおりダイエットを再開しましょう。これを繰り返すだけで良いのでやり方はとても簡単です。「平日だけダイエット」については次で紹介します。

 

平日だけダイエットでストレスフリー

平日だけダイエットは、文字通り平日のみダイエットをする方法です。土日は自由に過ごせるのでストレスも軽減できますし、無理なくダイエットを続けることができます。ただこのダイエットで気をつけてほしいのは“週末にドカ食いをしない”ことです。これは2週間おきのダイエットに似ていますが、週末に食べすぎてしまうとせっかくのダイエットが水の泡になってしまいます。最初に一週間の献立を考えておくことでドカ食いを防げるでしょう。

 

まとめ

ダイエットでお休み期間を取り入れることで無理なくダイエットができ、健康的に痩せることができます。即効性はありませんが、継続してダイエットをする場合はこの方法を行うほうが効率良く痩せられます。ぜひ試してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加