緊急事態宣言で増えた体重を減らしたい!おうちでできるダイエット法

緊急事態宣言で増えた体重を減らしたい!おうちでできるダイエット法

緊急事態宣言でおうち時間が増えた昨今、「体重が増えた…」という方は少なくないでしょう。気軽に外で運動ができないこんな時期だからこそ、家でしっかりダイエットができる方法を知っていると助かります。ここでは、そんな“家でできるダイエット方法”を紹介します。

 

食習慣を見直す

家にいる時間が増えると、体を動かす機会が減ってしまうためどうしても食べた分だけ脂肪になってしまいます。なかには家にいる時間が増えたことで空腹を感じず痩せてしまったという方もいますが、太ってしまった方はまず食習慣を見直してみてください。それだけでも、随分変わってきます。

 

食習慣の見直しとは、

  • 食べたものを記録する
  • 水分を摂る
  • 糖質は摂る
  • タンパク質を摂る
  • 決まった時間に間食をする
  • 就寝3時間前に食事を済ませる

 

などが挙げられます。食べたものの記録はいわゆる“レコーディングダイエット”と呼ばれるもので、毎日きちんと記録することで食べすぎを防ぐことができます。水分は1日1.5L~2Lが理想的。また、糖質はエネルギー源になるので完全に減らしてしまうのは非常に危険です。1日100gでも良いので摂るようにしましょう。

 

間食をしたいときはコレ

ダイエットをはじめると、なぜかいつも以上に食べたくなるのが「おやつ」です。でも、間食は太るもと…。だからと言って我慢をしてしまうと暴食を引き起こしてしまうため適度な間食は必要になります。ポイントは、食習慣でも紹介したように“決まった時間に食べる”こと。またヘルシーなおやつにするのもポイントです。

 

<おすすめのおやつ>
  • ナッツ類:食物繊維、ミネラルが豊富。
  • 乳製品:たんぱく質と脂質が同時に摂れる。
  • ビターチョコレート:血流アップや腹持ちの良さ。
  • 果物:組み合わせで摂ることで血糖値の上昇を防ぐ。

 

お酒を飲みたいときは?

お酒も、ダイエット中だからと言って我慢をする必要はありません。ただし、お酒の種類には気をつけたいところ。おすすめは「蒸留酒」。蒸留酒とはウイスキーや甲類焼酎のことで、これらは太りにくく少量ならダイエット中でも安心して飲むことができます。甘いお酒やビールはNGです。

 

家でできる運動

もちろん、食習慣だけでなく適度な運動も欠かせません。緊急事態宣言、家にいることが増えてもできる簡単トレーニングを紹介します。

 

「スクワット」

カロリー消費が大きいので、少ない回数でもしっかりトレーニングできます。基本姿勢は、足を肩幅に広げて立ち背筋を伸ばしたらつま先を少し外側に向けます。そこから肩の高さまで手を伸ばし、息を吸いながら4秒ほどかけてゆっくり腰を落としていきます。太ももと床が平行になったら息を吐きながら4秒かけて元の姿勢に戻します。これを1セット20回×5セット行いましょう。

 

まとめ

緊急事態宣言でできたおうち時間を無駄にしないためにも、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。食習慣の見直しや宅トレで「太る」ことは避けられますから、ぜひ試してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加