本当にダイエットで効果を出すためにはどうすればいいの?

本当にダイエットで効果を出すためにはどうすればいいの?

ダイエットをやるうえで“効果の速さ”はとても重要です。モチベーションにも繋がりますから、時間のかかる大変なダイエットよりも効率良くしっかり効果を実感できるダイエットのほうが魅力的でしょう。ここではそんな“本当に効果が出るダイエット方法”を紹介したいと思います。

 

食事制限

「食事制限なんて大変」と思うかもしれませんが、本当に効果を実感したいのであればある程度食事制限が必要になります。もちろんただ食事制限をするのではなく、必要な栄養素や食べ方を理解することが大切。ポイントは、摂取カロリー・糖質・タンパク質のバランスです。早く痩せたいからと極端に摂取カロリーを減らしてしまうと基礎代謝も低下し痩せにくくなります。人間の体は餓死状態になると必要以上にカロリーを欲するようになりますから、ある程度のカロリーは必要でしょう。

 

糖質は、1日170~230gを目安に摂ります。長期的に行うと健康的に良くないという結果も出ていますから、やりすぎには注意してください。タンパク質は、年齢と身体活動レベルによって1日の目標量が異なります。また運動を重視したダイエットを行う場合、運動をしないダイエットよりも多く摂取する必要がありますから、そのへんも考慮して摂る必要があるでしょう。

 

運動

食事制限だけで痩せるよりも、適度な運動も取り入れたほうが早く効果を実感できます。ひと口に運動と言っても方法はさまざまですが、“自分に合った運動”を行うのが一番でしょう。おすすめは、有酸素運動と無酸素運動を併せた方法です。有酸素運動とはジョギングやウォーキングなどが代表的ですが、脂肪と糖を燃焼してくれるので体脂肪をダイレクトに燃やしてくれます。一方で無酸素運動は、筋肉を増やし引き締まった体にする運動法です。また筋肉をつけることで筋肉量も増え太りにくくなりますから、基礎代謝アップにも繋がるでしょう。

 

有酸素運動は週3回までを目安に、1回30分以内で抑えます。30分以上続けると筋トレ効果が減ってしまうので注意しましょう。また運動前後にはストレッチも欠かさずに。運動前は動的な、運動後は静的なストレッチを意識して行ってみてください。

 

停滞期がきたら

ダイエットにつきものなのが「停滞期」です。個人差はありますが、1ヶ月前後変化がないためストレスに感じやすいでしょう。体重が落ちず焦ってしま方もいると思いますが、今まで通りの食事制限・運動を続けていればきちんと減っていきます。ここで暴飲暴食をしてしまわないようにだけ気をつけてください。

 

まとめ

ダイエットは、やり方さえ間違えなければしっかり効果を得ることができます。今回は食事制限と運動を紹介しましたが、睡眠や規則正しい生活も大切なので全体を見て行うのがポイントでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加