痩せたいなら“瘦せる脳”を手に入れよう!

痩せたいなら“瘦せる脳”を手に入れよう!

痩せたいなら“痩せる脳”を作ろう!ダイエットを失敗してばかりの人は、もしかしたら自然と痩せない脳にしているのかもしれません。ここでは瘦せる脳にする方法を解説しています。無理なく理想のボディを手に入れたい方は必見です。

 

そもそも痩せる脳ってなに?

痩せる脳にすると言っても、そもそも痩せる脳とは一体どんな脳なのでしょうか?ひと言でいうと“美味しいものを食べて痩せる”と変換する脳のことを言います。大体の人は食べる=太ると思いがちですが、そこを食べても痩せると切り替えることでみるみるうちに痩せていくというものです。嘘くさいかもしれませんが、実際痩せる脳でダイエットを成功させた方は意外にもたくさんいます。

 

美味しいものを食べてハッピー!と思えば、無理な食事制限をしなくても理想のボディになれるでしょう。またそうすることで自然と食欲を抑えることもできます。

 

今日から「食べると太る」という考え方はなくしてみてください。

 

痩せる脳の作り方

ポイントは「セロトニン」です。セロトニンとはご存知のとおり“幸せホルモン”と呼ばれるもので、セロトニンを増やせば自然と痩せる脳になりますから、まずは幸せな気持ちになれることをたくさんしましょう。どんな小さなことでもかまいません。「幸せ」と感じるだけで随分違います。

 

他にも、瘦せる脳にする方法はいくつかあります。

 

  • 瘦せるメソッドを書く
  • 食べたものを書く
  • ストレスを溜めない
  • 空腹は我慢しない
  • 起きたら太陽の光を浴びる
  • 理想の自分を想像する

 

「こんなことで?」と思うかもしれませんが、こんなことが痩せる脳を作り上げます。特に起床後の日光浴や理想の自分を想像することは効果的。また空腹を我慢しないこともポイントです。お腹が空いたら好きなものを食べましょう。カロリーや糖質が気になる方は低カロリー・低糖質のものを。

 

そして、常に笑顔でいることも大切です。

 

太る脳についても知ろう

太る脳の逆が瘦せる脳なので、太る脳を理解していればどんなことをすれば痩せる脳になるのかが自然と分かるようになります。まず、“ダイエットのしすぎによる太る脳”です。いろんなダイエットを無暗に行うと、脳がストレスを感じどんどん太ってしまいます。次に“幸せ不足による太る脳”です。先ほども幸せな気持ちでいることが瘦せる脳に繋がると言いましたが、幸せが不足していると当然太る脳になってしまいます。他にも頑張りすぎることでも太る脳になってしまうでしょう。

まとめ

あなたは瘦せる脳ですか?太る脳ですか?痩せたい気持ちは分かりますが、その気持ちが強すぎると太る脳になってしまいます。毎日幸せを感じ、たっぷりセロトニンを出してあげましょう。そうすれば自然と瘦せる脳になります。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加