痩せたい強迫観念にとらわれないためには

痩せたい強迫観念にとらわれないためには

痩せたいという強い願望は「摂食障害」を招くと言われています。健康的に痩せるためにも、ダイエットに対する強迫観念は持たないことが大切です。ここでは無理なく痩せるダイエット方法を紹介します。

 

痩せたいのに痩せない

痩せるのは簡単ではないため、短期間で痩せることはできません。もちろん体質によりますが、基本的に1年かけてゆっくりダイエットを行うのが基本です。強迫観念に取りつかれる人の多くは、痩せたいのに痩せない、短期間で痩せたい、といった結果をすぐに求める人に多く、また痩せても「太るかもしれない」と摂食障害に陥ってしまう恐れがあります。

 

ダイエットには波がありますから、停滞期といって痩せない期間が存在します。そこを十分理解し、すぐに結果を求めないことが健康的に痩せる秘訣になります。

 

強迫観念を持たないためには

では、具体的にどうすれば強迫観念を持たずに済むのでしょうか?

 

周りと比べない

スリムな子と比較したり、ダイエットを成功している人と比較したり、とにかく周りと比べないことです。痩せる期間は個人差があります。すべての人が同じ期間で痩せられるわけではないので、自分のペースでじっくりゆっくり進めていきましょう。

 

食事制限はしない

食事制限は栄養が偏り太りやすくなります。また代謝も落ちるので、食べていないのになかなか痩せないという方は食事内容を見直してみてください。極端な食事制限はリバウンドの原因にもなるので気をつけましょう。

 

摂食障害になることを理解する

痩せたいという強迫観念は摂食障害に繋がります。摂食障害はとても辛い病気ですから、そうならないためにも摂食障害のことを十分理解しダイエット方法を見直しましょう。

健康的なダイエットとは?

適度な運動と栄養バランスが負い食事です。極端な食事制限をしていないので短期間で痩せることはできませんが、その代わりリバウンドをせず緩やかに確実に痩せていくのでとても健康的でしょう。また肌ツヤが良くなったり、美髪にもなるので良いこと尽くしです。

 

食事で工夫すると良いことは、

  • よく噛む
  • ベジファースト
  • 野菜を取り入れる
  • 間食する
  • 夜21時以降は食べない

などが挙げられます。規則正しい食事は心も穏やかになるので、強迫観念も持たなくなるでしょう。運動は、ひと駅分歩いたり、階段を使ったり、ちょっとしたことでも十分です

 

まとめ

痩せたい強迫観念にとらわれないためには、ダイエット方法を見直したり、考え方を変える必要があります。ダイエットの成果は個人差があります。自分にとってベストな進め方がありますので、そこを十分理解して無理なく健康的に痩せましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加