ダイエット中の停滞期はどうやって乗り越えたら良い?

ダイエット中の停滞期はどうやって乗り越えたら良い?

ダイエットをしていて辛いのが「停滞期」です。多くの女性が経験しているであろうこの停滞期は、なかなか体重が減らない時期でもあるのでダイエットを挫折してしまう要因にもなると言われています。ここではそんな停滞期について原因や乗り越える方法を紹介します。

 

停滞期の原因

停滞期は体重や体脂肪がなかなか減らない時期を指します。この時期はダイエットの中でもっとも辛く、思うように体重が減らないためモチベーションが下がってしまう方も少なくありません。なぜダイエットをしていると停滞期とぶつかってしまうのでしょうか?原因はいくつかあります。

 

ホメオスタシス

ダイエットによって体が餓死状態になると、血糖値や血中酸素濃度を保つためにホメオスタシスが働きます。これはいわゆる体の危険を阻止しているもので無理なダイエットをしている人ほどホメオスタシスが働きやすいと言われています。要するに、体を守るための機能なのです。ですから、体重がなかなか減らないからといって無理をするのはNG行為。停滞期を乗り越える方法を学んだほうが賢明と言えるでしょう。

 

レプチン

レプチンとは、脂肪細胞から分泌されるホルモンのことで満腹になると食欲を抑えてくれます。また脂肪燃焼効果もあるため、ダイエットで食事制限をしてしまうとレプチンがきちんと分泌されなくなり体重にも大きな影響を与えてしまうのです。

 

停滞期を乗り越えるには

停滞期はとても辛い時期ですが、ここで挫折をしなければダイエットを成功させることができます。絶対避けなければいけないのは“暴飲暴食をしない”こと。なかなか体重が減らないからとヤケになって飲み食いするとリバウンドしてしまうので注意してください。

 

停滞期脱出のポイントは、

  • 無理な食事制限はしない
  • 栄養バランスの良い食事を
  • チートデイを設ける
  • 適度な運動を取り入れる

 

などが挙げられます。なかでもおすすめなのが「チートデイ」です。週に1回好きなものを食べる日を設けることで停滞期もストレスからも解放されます。またダイエットのモチベーションも上がるので良いこと尽くしでしょう。

 

停滞期中にNGなこと

停滞期でなかなか体重が減らないからと言ってさらに食事制限をしたり、運動量を増やしたりするのはNGです。またチートデイもむやみやたらに飲み食いしてしまうと後々減らなくなってしまうので注意しなければいけません。停滞期は誰でもくるものと軽い気持ちでいるといつの間にか乗り越えられているので、あまり深く考えないことも大切でしょう。

 

まとめ

誰でも陥りやすいダイエット中の停滞期は、無理をしなければ簡単に乗り越えることができます。「今、停滞期中で辛い」という方は今回紹介した方法を参考に、ぜひ頑張ってみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加