痩せ菌って一体なに?増やし方とポイント

痩せ菌って一体なに?増やし方とポイント

腸内に「痩せ菌」を増やすことで、無理なダイエットをしなくても痩せられるようになります。そもそも痩せ菌とは一体どんな「菌」なのでしょうか?ここでは、痩せ菌について、また痩せ菌を増やす方法を紹介しています。ダイエットを頑張ってもなかなか痩せられない方は必見です。

 

痩せ菌とは一体何?

「腸内フローラ」という言葉を聞いたことはありませんか?この腸内フローラが、いわゆる「痩せ菌」になります。腸内に痩せ菌があると、免疫細胞を活性化したり、健康になったり、消化できない食べ物もしっかり栄養へと変えてくれます。どんなにダイエットを頑張ってもなかなか痩せられないのは、この痩せ菌が少ないのかもしれません。いわゆる、「悪玉菌」が多い状態です。

 

ちなみに腸内細菌は、3つに分けられます。

 

  1. 善玉菌
  2. 悪玉菌
  3. 日和見菌

 

善玉菌はご存知体に良い菌のことで、腸の調子を整えてくれる働きがあります。腸内フローラを作るには、この善玉菌が必要になってきます。一方で悪玉菌は、体に悪影響を及ぼす菌です。悪玉菌が増えるとお腹の調子が崩れ、便秘や下痢を引き起こします。日和見菌はどちらにも属しませんが、善玉菌が優位に立てば善玉菌の味方をし、もちろんその逆もあります。

 

痩せ菌を増やす方法

ダイエットを成功させるためには、この「痩せ菌」を増やす必要があります。そして、腸内フローラのバランスを整えなければいけません。では、どうすれば痩せ菌を増やすことができるのでしょうか?

 

実は、ある食べ物に隠されているのです。

 

水溶性食物繊維

もともと食物繊維は善玉菌を増やすと言われていますが、なかでも水溶性食物繊維は善玉菌を活発にし、腸内環境にも良い影響を与えてくれます。ひと口に水溶性食物繊維といってもさまざまですが、おすすめは大麦・根菜類・昆布・アボカド・キウイなどです。

 

その他の食べ物

レジスタントスターチであるインゲン豆やイモ類、発酵食品の味噌や納豆、ヨーグルトなどもおすすめです。ちなみに、朝食の定番コーンフレークなどのシリアルにもレジスタントスターチが含まれています。

 

痩せ菌を増やすときのポイント

水溶性食物繊維やレジスタントスターチを摂れば、必ずしも痩せ菌が増えるというわけではありません。ポイントは、“組み合わせ”“食べすぎない”“継続する”ことです。組み合わせによってはマイナスに働いてしまう恐れもあるので、意識して食べるようにしましょう。

 

まとめ

痩せ菌は、ただ摂れば増えるというわけではありません。ちょっとしたことで悪玉菌になってしまう恐れもありますから、バランスの良い食事を心がけながら、ポイントを押さえて賢く痩せ菌を増やしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加