ちょっとした工夫で痩せ体質になることができる?

ちょっとした工夫で痩せ体質になることができる?

頑張ってダイエットをしても、リバウンドをしてしまっては意味がありません。一番良いのは、“痩せ体質になる”ことです。食事をしても、太らなければ美味しくごはんが食べられます。体重を気にする必要もありません。ここでは、そんな痩せ体質になれる方法を紹介したいと思います。

 

毎朝の習慣を見直す

痩せ体質になるためには、特別なことをする必要はありません。毎朝の習慣を見直したり、体の柔軟性を高めたり、冷え性を改善したり、たったそれだけでみるみるうちに痩せ体質になれます。

 

毎朝の習慣とは、1.早起き、2.ヨガ、3.白湯を飲む、4.太陽の陽射しを浴びる、などが挙げられます。よく「早起きは三文の徳」と言いますが、早く起きて太陽の陽射しをたっぷり浴びれば、それだけで健康的な体になります。さらに基礎代謝も上がり太りにくい体質にもなりますから、「お休みのときはゆっくり寝たい…」という方も、ぜひ1~4を試してみてください。

 

体の柔軟性を高める

体が柔らかいと、痩せ体質になるのは知っていますか?柔軟性の高い体は、運動効率も高く、新陳代謝もアップします。また筋肉の可動域も広がり、消費カロリーも高まるでしょう。要するに、柔軟性が高いことで体がスムーズに動くようになるので、たくさん食べてもしっかり消費してくれるようになるというわけです。硬い体は柔らかくなるまで時間がかかりますが、毎日ストレッチをしていれば、自ずと柔らかくなってきます。ストレットのときは、息を深く吐くのがおすすめです。

 

冷え性を改善する

冷えた体も太りやすくなる原因です。冷え性が改善されれば、自然と代謝もアップします。代謝がアップした体はどんどん脂肪を燃焼してくれるので、無理なダイエットをしなくても痩せることができます。

 

方法をいくつかありますが、代表的なのは「湯船に浸かる」「根菜類を食べる」「温かい飲み物を飲む」などが挙げられます。どんなに暑い日でも、キンキンに冷えた飲み物はNGです。

 

生活を見直す

そもそも、生活を見直しましょう。朝昼晩バランスの取れた食事をし、適度に体を動かし、たっぷりの睡眠を摂ります。これだけでも、随分体は変化しますから、「あれこれやるのは面倒!」という方は、まず生活習慣を改善することをおすすめします。

 

まとめ

ちょっとした工夫で、痩せ体質になることができます。頑張って食事制限をしている方、つい夜更かしをしてしまう方、すべてを見直して新たな生活をスタートさせましょう。痩せ体質を手に入れれば、食べたいものを我慢しなくても太る心配がありません。


このエントリーをはてなブックマークに追加