ダイエット中の停滞期にはチートデイが効果的!正しいやり方について

ダイエット中の停滞期にはチートデイが効果的!正しいやり方について

ダイエットを成功させるのに良いと言われているのが「チートデイ」です。ダイエット経験者なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?ダイエット中にチートデイを設けることで、ストレスを軽減してダイエットを成功させることができます。またリバウンドも回避でき、とても効果的なダイエット方法と言えるでしょう。

 

チートデイって何?

チートデイがダイエットを成功させるうえで大きなカギになるのはご存知の方が多いと思いますが、そもそもチートデイとは一体何なのでしょうか?

 

簡単に説明すると、“好きなものを好きなだけ飲み食いする日”です。チートとは「ごまかす」「ずるをする」という意味があり、チートデイとはいわゆるダイエットを放ったらかしにし、ずるをしてもOKな日ということになります。ダイエッターの間ではこのチートデイがとても流行っており、週に1回チートデイを取り入れることで辛い停滞期もスルリと乗り切ることができるようになります。

 

「なかなか痩せない」「停滞期に突入した」という方は、ぜひチートデイを取り入れてみてください。ただチートデイの意味をはき違えるとリバウンドしてしまうので注意も必要です。

 

賢くチートデイを取り入れる方法

チートデイを取り入れるためには、「正しい方法」をきちんと理解する必要があります。また、週に何回も設けないこと。あくまでチートデイは週に1回のみ、やけ食いとは異なるので、賢くチートデイを取り入れてストレスフリーでダイエットを成功させましょう。

 

チートデイのポイントは、

  • 好きな料理を食べる
  • ポジティブな気持ちで食べる
  • 体重が増えても気にしない

 

とにかく、メニューにはこだわりません。どんなにカロリーの高い料理でも、甘いスイーツでも、何を食べても良いのがチートデイです。そして、チートデイをするときに忘れてはいけないのが“楽しい気持ちで食べる”こと。「太るかも…」というネガティブな気持ちで食事をするのはNGです。

 

チートデイの注意点

チートデイは、賢く取り入れることができればダイエットを成功させられます。しかし失敗してしまうと、体重は元に戻ってしまいます。また、ダイエットをはじめてすぐにチートデイを取り入れるのではなく、あくまで“ある程度痩せてから”にしましょう。最初は週に1回だけ設け、体脂肪率によって頻度を増やしたり減らしたりします。

 

「簡単じゃん」と思うかもしれませんが、チートデイの翌日はまた元の食生活に戻るため、気持ちの切り替えが大変です。翌日も食べたくなるのをグッと抑え、チートデイを実践させましょう。

 

まとめ

ダイエットの停滞期を迎えたら、チートデイを取り入れるチャンスです。ある程度痩せると、体重がなかなか減らない期間に突入します。このときに暴飲暴食をしてしまうとリバウンドしてしまいますが、チートデイを取り入れるとむしろ痩せます。チートデイは賢く取り入れてこそダイエットを成功させることができますから、停滞期で悩んでいる方やストレスを感じている方は、今回紹介した方法でチャレンジしてみてください。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加