本当に短期間で痩せる?やり方と注意点

本当に短期間で痩せる?やり方と注意点

ダイエットというと、じっくり時間をかけて成功させるイメージがあります。短期間で痩せることもできますが、その場合、どうしてもリバウンドが心配です。このように、ほとんどの方が「短期間では簡単に痩せられない」と考えています。しかし、実際はやり方次第で成功させることができます。

 

ここでは、短期間で痩せる効果的な方法を紹介しています。「時間をかけたくない」「短期間で効果を実感したい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ファスティングダイエット

短期間で確実に痩せる方法といえば、「ファスティングダイエット」が有名です。ファスティングダイエットとは、一定期間水分のみ摂取する方法で、体内も綺麗にしてくれます。水分しか摂れないので一見すると大変なダイエットのように思われがちですが、正しいやり方で行えば簡単です。

 

ポイントは、固形物やジュースは飲まないこと。水だけでは我慢できないという方は、酵素ドリンクやクレンズジュースなどがおすすめです。この方法を2~3日間続け、少しずつ食事量を減らしていきます。注意してほしいのは、ファスティング後の食事です。今までどおりの食事に戻すとあっという間にリバウンドしてしまうので気をつけましょう。

 

痩身エステ

瞬時に脂肪を取り除きたいのであれば、痩身エステも良いでしょう。ファスティングダイエットよりさらに短期間で痩せることができます。むしろ施術後にはスリムになっているので、「ダイエットはしたくない」という方には良いかもしれません。頑固なウエスト周りの脂肪も、簡単に除去してくれます。ただ身体や金銭面でのリスクがあるので、できれば他の方法で痩せたほうが安全です。

 

17日間ダイエット

このダイエット方法は、マイケル・モノレ博士が考案したもので、17日間で痩せられるメソッドが紹介されています。ポイントは、「4つのサイクル」「食事」です。サイクルでは最初の「促進期」が重要になり、ここを乗り越えるとすんなり痩せることができます。消化器系を綺麗にするのが目的なので、身体の中から綺麗になれるのも嬉しいでしょう。

 

17日間ダイエットのルールは、

 

  • 炭水化物は摂らない
  • 野菜中心
  • プロバイオティクス食品を摂る
  • 水をたっぷり飲む
  • 毎日17分体を動かす

 

プロバイオティクス食品とは、ヨーグルトや味噌などの発酵食品が挙げられます。これらを積極的に摂ることで、腸内を綺麗にし消化しやすい体にしてくれます。水は、1日2リットルが理想的です。

 

食事で痩せる方法

短期間で痩せるためには、「食事方法」も意識する必要があります。ただ食事を制限する、プチ断食をするだけでは、なかなか継続できません。ポイントは、早寝早起き・朝食を摂る・夕食は20時までに・夕食は炭水化物と食物繊維を摂るの4つになります。

 

早寝早起き

早起きし、カーテンを開けて朝日をたっぷり浴びましょう。大きく深呼吸をしたら、1時間以内に食事をとります。夜も早めに寝ることで、基礎代謝が整います。

 

朝食は米とタンパク質を

朝食をしっかり摂ることで代謝が整い痩せやすい体になります。

 

夕食は20時までに

20時を過ぎると体に脂肪が蓄積しやすくなるため、20時までに済ませるようにしてください。また食事量は減らし、炭水化物と食物繊維を積極的に摂るようにすると良いでしょう。夕食は少なく、朝食を増やすのがポイントです。

 

避けるべきこと&注意点

短期間で痩せたいからと、無理をするのは禁物です。特に痩身エステは即効性はあるものの、今までどおりの食事をしていればすぐに体重は戻ってしまいます。また、短期間ダイエットといっても、数日で痩せるようなプログラムはありません。

 

ちなみに、野菜中心の生活はすぐに痩せますが、ある程度肉類や油を摂っていないとあっという間にリバウンドします。糖質も、健康的に痩せるためには必要だということです。

 

まとめ

個々によって体質は違いますから、短期間で痩せることだけを意識するのではなく、どんなダイエットが自分に合っているのかを十分理解する必要があります。
確かに食事制限をすれば短期間で痩せます。しかし、栄養バランスが偏るとストレスになり、結局リバウンドしてしまいます。ですから、あまり「短期間で痩せる」ことにとらわれすぎないことも成功の秘訣かもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加