過度なダイエットは低血糖を引き起こす?

過度なダイエットは低血糖を引き起こす?

ダイエットにもいろんな種類があります。健康的なダイエットであれば良いですが、なかには非常に危険なダイエットもあり、ひどい場合は低血糖やうつ、パニックといった症状を引き起こすこともあります。安全にダイエットをするためにも、過度なダイエットによる危険性を知っておきましょう。

 

低血糖とは?

そもそも「低血糖」とはどんなものなのでしょうか?ひと言でいうと“血糖値が低い”ことですが、もう少し詳しく説明するとグルコースと呼ばれる血液の糖が異常に低いことを意味します。血糖値は高すぎても低すぎても良くないと言われており、低血糖になると冷や汗や動悸、意識障害などの症状を引き起こします。命の危険性もありますから、過度なダイエットでこれらの症状が出てきたという方は要注意です。

 

ではなぜ、過度なダイエットで低血糖になってしまうのでしょうか?

 

なぜ過度なダイエットで低血糖になるのか

低血糖は、ダイエットをしたから引き起こされるものではありません。あくまで過度なダイエットをした場合ですので、健康的なダイエットをしている方は安心してください。もちろん過度なダイエットだけで低血糖になるわけではありませんが、確率は高いので注意が必要です。

 

では本題に入ります。なぜ過度なダイエットをすると低血糖になりやすいのかというと、食事制限で体が必要な糖質を十分に摂取できていないからです。近年「糖質オフダイエット」が注目されていますが、極端な糖質オフは低血糖になりやすいので気をつけましょう。

 

ちなみに過剰な糖質摂取も低血糖になるので要注意。

 

安全なダイエット方法

ダイエットで低血糖にならないためには、“安全なダイエット”が大きなポイントになります。安全なダイエットとはいわゆる「栄養バランスのとれた食事」「朝昼晩の食事」「適度な運動」などが挙げられます。要するに無理に食事制限をしたり運動をしないなどを避ければ、過度なダイエットにはならないというわけです。

 

一番はやはり食事でしょう。きちんと栄養バランスを考えた食事をしていれば、よほどのことがない限り低血糖にはなりません。

 

低血糖を防ぐ食べ物とは

「多量栄養素」を意識した食事をすることです。多量栄養素とは、炭水化物・タンパク質・脂質が挙げられます。これらをバランス良く摂ることで低血糖を防げるでしょう。

 

おすすめの食べ物は、

  • ギリシャヨーグルト(ベリー味)
  • ビーフジャーキーorチキンジャーキー
  • 固ゆで卵
  • トマト
  • カッテージチーズ
  • 野菜ディップ

 

まとめ

ダイエットは体重を減らすことだけに意識を向けるのではなく、健康でリバウンドしないことを意識したほうが効果的です。また短期間で痩せようとせず、長期的に見て少しずつ痩せたほうが体にも心にもベストでしょう。そうすればダイエットで低血糖になることはありません。


このエントリーをはてなブックマークに追加