ダイエットで辛い食欲を抑える方法

ダイエットで辛い食欲を抑える方法

ダイエット中で辛いのが「食事の我慢」です。特に食べることが好きな人にとっては、食欲を抑えるのは至難の業。そこでここでは、無理なく食欲が抑えられる方法を紹介したいと思います。

 

フルーツを食べる

食欲を抑えたいからと、無理な制限は逆効果です。次に食事をしたときに血糖値も急激に上昇してしまいますから、食欲を抑える=食べないは避けたほうが良いでしょう。おすすめは「フルーツを食べる」ことです。「フルーツなんて糖分が多いから太ってしまうのでは?」と心配される方が多いと思いますが、種類によっては食欲を抑制するだけでなく血糖値の上昇も緩やかにしてくれます。また人工甘味料のお菓子を食べるよりも体に良いでしょう。

 

おすすめのフルーツは「グレープフルーツ」。先ほども述べたように、食欲を抑え血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。1日1/2個を目安に摂取しましょう。

 

カップスープを飲む

フルーツだけでは満足できないという方は、カップスープもおすすめです。最近は低糖質の商品も増えていますから、ダイエット中でも安心して食べることができます。また量も丁度良くいろんな種類があるので飽きにくいにも嬉しいでしょう。ただ味が濃いものや塩分が高いものはあまりおすすめしません。

 

<おすすめのカップスープ>
  • もづくスープ
  • 旨だし膳 おとうふの豆乳仕立てスープ
  • カップ料亭の味 即席味噌汁
  • スープDELI エビのトマトクリームスープパスタ
  • じっくりコトコトスープ こんがりパンコーンポタージュ

 

人工甘味料以外のお菓子を食べる

人工甘味料は「甘味依存」に陥りやすく、どんなにカロリーを抑えられる商品でもなるべく避けたほうが良いでしょう。人工的なものを使用している時点で体には良くないので、どんなにダイエットを謳っている商品でも腎臓に負担がかかりやすいので注意してください。ひどい場合は頭痛やめまい、むくみを引き起こします。

 

食欲抑制でイライラした場合

食欲を抑えていると、ストレスでイライラしてしまうことがあります。そんなときは、青魚がおすすめです。青魚に含まれているDHA・EPAなどのオメガ3脂肪酸が精神を安定してくれます。意識して摂るようにすると良いでしょう。血糖値のコントロールには玄米や全粒粉パンなども効果的です。

 

まとめ

ダイエット中はいつも以上にお腹が空きがちです。だからと言って極端に我慢してしまうとストレスになりリバウンドの原因に。どうしても食欲が抑えられないときは、グレープフルーツやカップスープなどを食べてお腹と心を満たしてあげましょう。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加