ダイエット中でもおやつが食べたい人のためのオートミールレシピ

ダイエット中でもおやつが食べたい人のためのオートミールレシピ

オートミールはシリアルの一種で海外では一般的に食べられています。日本でも近年注目されていますが、そのまま食べるには少し癖があり、食べにくいと感じる方がほとんど。そこで今回はダイエット中でも食べられるオートミールアレンジレシピを紹介します。

 

基本的なオートミールの食べ方

オートミールは、ふやかして食べるのが一般的な食べ方になります。オートミールと水だけなので味気なく、「不味い」と感じる方が多いのでしょう。水の代わりに牛乳を使っても良いですが、どちらも食感はお粥のようにトロトロ柔らかくなります。1人あたりの1食の量は30~50g程度。水とオートミールは1:4の割合で作ります。

 

オートミールクッキー

ふやかして食べるのが苦手な方におすすめしたいのがオートミールクッキーです。全粒粉クッキーをイメージすると分かりやすいかもしれません。ザクザクした食感は食べ応えがあり満腹感もあります。

    材料:

  • オートミール 大さじ7強
  • 薄力粉 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • 塩 ひとつまみ
  • シナモン 2~3振り
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 水 大さじ2

    作り方:

  1. オートミール・小麦粉・砂糖・塩・シナモンをボウルに入れ混ぜる。
  2. オリーブオイルを入れ混ぜ、水を加える。
  3. 16等分に分け、平らにしたら180度のオーブンで20分焼いて完成。

※チョコやくるみなどを入れてもOKです。
※水の代わりに豆乳を使っても。

 

手作りグラノーラ

市販のグラノーラも良いけれど、オートミールでも作ることができます。

 

    材料:
    A

  • オートミール 100g
  • ペカンナッツ 30g
  • かぼちゃの種 30g
  • アーモンド 30g

    B

  • メープルシュガー 大さじ1
  • ブラウンシュガー 大さじ1
  • オリーブ油 大さじ1
  • 塩 ひとつまみ

    C

  • ドライパイナップル 50g
  • レーズン 30g

    作り方:

  1. オートミール・ペカンナッツ・かぼちゃの種・アーモンドを耐熱皿に入れ広げる。
  2. 500Wの電子レンジで10秒と2回に分けて加熱する。
  3. メープルシュガー・ブラウンシュガー・オリーブ油・塩を混ぜ合わせ冷ます。
  4. 150度に予熱したオーブンで30分、途中数回混ぜながら乾燥焼きする。
  5. 火を止め、20分そのままにしておく。
  6. ボウルに入れ、ドライパイナップルとレーズンを混ぜたら完成。

※好みのドライフルーツやチョコを加えてもOKです。

 

まとめ

オートミールはそのまま食べるよりもアレンジしたほうが食べやすく継続できます。おやつはもちろんのこと、ごはんにもなりますから、飽きにくいのも嬉しいところ。オートミールには食物繊維が豊富に含まれているので、ダイエットにぴったりです。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加