ファスティングは回復食が重要になる?正しいやり方

ファスティングは回復食が重要になる?正しいやり方

短期間で体重を落としたい方は「ファスティング」がおすすめですが、ファスティングは回復食が重要になるのは知っていますか?ここを間違えてしまうとせっかくのファスティングが失敗してしまいます。ここでは正しいファスティングと回復食について解説します。

 

正しいファスティングのやり方

ファスティングは、ただ食事制限をすれば良いわけではありません。またファスティング後の回復食もとても重要になるので、失敗しないためにも“正しいやり方”を紹介します。

 

期間

1日~1週間まで幅広く、自分に合った方法で行うことが大切です。日数によって効果は異なり、1~2日なら内臓を休ませることができ、3~4日ならむくみ改善や宿便の排出、5~6日でようやく脂肪燃焼や脳の覚醒を感じることができます。ダイエットには1週間行うのが理想的ですが、こればかりは個人差があるため必ず無理はしないようにしてください。1日でも十分効果は得られます。

 

準備と回復

またファスティングと言えば「準備期間」と「回復期間」も重要になってきます。ファスティング後は餓死状態なので吸収率も高いですから、すぐに今まで通りの食事に戻してしまうとリバウンドしてしまいます。ですから必ず回復食を設け、少しずつ元の食事に戻していきましょう。たとえば1日なら前後半日ずつ期間を設けます。

 

回復食の食材選び

先ほども述べたように、ファスティングは準備期間と回復期間がとても重要になります。回復食の食材選びも意識しましょう。ちなみに、準備期間はおかゆと野菜がおすすめです。

 

どんな食材がおすすめ?

餓死状態になっているので、当然脂っこいものや高カロリーものはNGです。おすすめは“胃腸に負担が少ない”もの。おかゆや野菜などが効果的です。“動物性たんぱく質”や“動物性脂肪”もNGになります。ファスティング後は味覚が敏感になっているのでこれらの食材は味付けが濃く感じるでしょう。もちろん、化学調味料や合成着色料、白砂糖なども避けなければいけません。

 

ファスティング後の過ごし方

せっかくファスティングをしてもファスティング後の過ごし方を間違えてしまうと失敗します。そこでファスティング後に効果的な過ごし方を紹介します。

 

リラックスする

すぐに今まで通りの食事ができないためストレスに感じるかもしれませんが、そんなときはリラックスできることをしましょう。ゆっくり湯船に浸かったり好きな音楽を聴いたり映画を観たりするのもおすすめです。

 

適度に運動する

回復期間なので激しい運動はNGですが、ウォーキングやストレッチなど軽く運動しましょう。

 

まとめ

ファスティングは実践と同じくらい回復期が重要であることが分かりました。ファスティングをしたら終了ではなく、ファスティング後こそ本番と思っても良いでしょう。また最初は1日からはじめ、少しずつ期間を延ばしていくとやりやすいかもしれません。無理なく行ってください。


このエントリーをはてなブックマークに追加