食事制限ダイエットでイライラしないためには

食事制限ダイエットでイライラしないためには

ダイエットによる食事制限でイライラしてしまう人は少なくありません。せっかくスリムになっても、心がすさんでしまってはマイナスです。ここでは食事制限でイライラしないダイエット方法を紹介します。

 

過度な食事制限は人間関係に悪影響?

食事制限に限らず、ダイエットによるストレスで人間関係が悪くなってしまった例は少なくありません。特に多いのが“イライラ”です。ダイエット前はイライラしなかったことも、ダイエット後イライラするようになった方は多いと言われています。なかには性格がきつくなったと性格の変化を周囲に指摘された方もいます。このように、過度な食事制限やダイエットは人間関係に悪影響を及ぼすという結果が出ています。

 

食事制限でイライラしないためには

食事制限でイライラしないためには、先ほども述べたように過度な食事制限をしないことです。ただイライラしてしまうだけならまだしも、過食に走ったりリバウンドしてしまったりとダイエットを不成功に終わらせてしまう恐れがあります。とはいえ、“過度な食事制限をしない”とはどういった方法なのでしょうか?

 

チートデイを作る

いわゆる“食べたいものを食べる日”です。ダイエット成功者の多くがこの方法を実践しており、週に1回チートデイを作ることでストレスフリーで食事制限をすることができます。もちろん好きなものを食べた翌日はしっかり食事管理を戻してください。

 

外食デイを作る

食事制限は自炊がベストですが、自炊ばかりではストレスになってしまう方も少なくありません。そんなときは外食デイを作ることで無理なく食事制限を続けられます。

 

食事制限ダイエットの注意点

食事制限=ただ食事を制限すれば良いと思っていませんか?たしかに今まで食べすぎている人はある程度制限が必要になりますが、ただ食事制限をしているだけでは残念ながらこのダイエットを成功させることは困難です。そこで食事制限ダイエットの注意点を簡単にまとめてみました。

 

栄養バランスを考える

1日1食は一汁三菜を心がけて食事をします。肉類や魚類、野菜すべての栄養をバランス良く摂取できるので体にも良いですし、満腹感もあるのでダイエット中でも安心して食事ができます。

 

ストイックすぎるのはNG

力を入れすぎるとイライラしてしまうので、3日サイクルで調整すると良いでしょう。食べすぎた翌日は粗食気味にするなど、少し工夫するだけで随分違います。

 

極端なカロリー制限をしない

短期間で体重は減りますが、すぐにリバウンドしてしまうでしょう。また女性はホルモンバランスが乱れ貧血や月経不順などが起こる危険性もあります。本格的に食事制限ダイエットをしたい場合はトレーナーをつけると良いかもしれません。

 

まとめ

過度な食事制限は、ストレスになります。イライラすると暴飲暴食に走ってしまう恐れもありますから、健康的に痩せるためには過度な食事制限はしないようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加