正しい食事制限のやり方とは

正しい食事制限のやり方とは

食事制限はダイエットの定番と言っても良いでしょう。ほとんどのダイエッターが一度は経験したことがあると思いますが、食事制限はやり方を間違えるとリバウンドしてしまうという怖さがあります。ここでは食事制限でも健康的に、そして成功できるやり方を紹介します。

 

失敗する食事制限

短期間で体重が減るという点は食事制限の良いところですが、そのぶん簡単にリバウンドしてしまうというデメリットもあります。食事制限が失敗してしまう理由はいくつかあります。

 

そもそもやり方が違う

食事制限は、ただ食事量を減らせば良いというわけではありません。失敗する人の多くは食事制限の根本的なやり方を間違えており、極端にカロリーを減らせば痩せられるわけではないことを十分理解する必要があります。たとえば「1日1食」「〇〇だけ食べる」「糖質オフ」「脂質制限」などが挙げられます。

 

ストレスになっている

無理な食事制限をすることでストレスになり、暴飲暴食に走ってしまうケースです。またイライラするとコルチゾールと言ってホルモンが過剰分泌されます。このホルモンは食欲をコントロールできないだけでなく太りやすい体質にするので気をつけましょう。

 

栄養バランスが偏っている

〇〇だけ食べる、1日1食ダイエットなど偏った食事制限は栄養バランスが崩れ痩せにくくなります。糖質や脂質も痩せるためには欠かせない栄養素です。せっかく痩せても体調が悪くなったり肌荒れを起こしたり髪質が悪くなったりと良いことがありません。

 

筋肉量が減っている

痩せるためには筋肉量も欠かせません。筋肉量が減ると基礎代謝も減りますから、頑張ってダイエットをしても痩せにくくなります。場合によってはダイエット前より太ってしまう恐れもあるでしょう。

 

食事制限ダイエットのポイント

では、どうすれば食事制限で痩せられるのでしょうか?食事制限のコツは“必要な栄養は摂取する”ことです。やり方さえマスターすれば、食事制限でも十分ダイエットを成功させることができます。

 

PFCを考えて食事をする

P=タンパク質、F=脂質、C=炭水化物。これらのバランスが良いと健康的に痩せられます。

 

消費カロリー>摂取カロリー

アンダーカロリーと言い、摂取カロリーを消費カロリーの90%程度に抑えることでバランス良く食事制限できるでしょう。

 

適度な運動

残念ながら食事制限だけで痩せるのは困難です。体重は減っても体脂肪は減らないといった隠れ肥満になってしまう恐れもあるので適度な運動を取り入れるようにしましょう。

 

継続すること

短期間で痩せようとせず、継続することが大切です。痩せたからと言って元の食事に戻してしまうとリバウンドしてしまいます。万年ダイエッターくらいの意識でいたほうが良いでしょう。

 

まとめ

食事制限は、やり方さえ守れば成功できます。リバウンドを恐れている方が多いと思いますが、一度食事内容を見直し適度な運動を取り入れてみると良いでしょう。食事制限=ただ食事量を減らすわけではありません。


このエントリーをはてなブックマークに追加