冷凍食品が痩せたい人を救う?

冷凍食品が痩せたい人を救う?

「冷凍食品」でダイエットができるのは知っていますか?冷凍食品を使えば、低カロリーや低糖質を意識して料理を手間が省けます。食事管理が面倒という方は、ぜひ冷凍食品を取り入れてみてください。

 

冷凍食品でダイエットをする方法

冷凍食品でダイエットができると言っても、どんな冷凍食品でもOKというわけではありません。冷凍食品でダイエットをする場合、何を目的に痩せたいのかを明確にすることが大切です。ひと口に冷凍食品と言ってもいろんな種類がありますから、しっかり見極めてから実践しましょう。

 

カロリーや糖質が気になる

低カロリーや低糖質を意識している方は少なくありません。冷凍食品でもそれを叶えることは可能です。おすすめは「ささみチーズカツ」「切れてるサラダチキン」「豚肉野菜巻き」。ささみは糖質もカロリーも低いのでダイエットにぴったりでしょう。

 

栄養バランスを重視したい

減塩や和食など栄養バランスを重視したい方には「減塩30%カット 3種の和総菜」「3種のサラダ」「8種の野菜ピリ辛坦々」がおすすめです。冷凍食品で3種や8種の野菜が摂取できるのは有り難いところ。

 

1食で栄養が摂れる

時間がない方や夜遅く帰宅する人におすすめなのが1食で栄養が摂れる冷凍食品です。「赤しそごはんと蒸し鶏のごまだれ」は1つでごはんと蒸し鶏が食べられるので片付けも簡単。他にも「チキンピラフとトマトソースハンバーグ」「野菜を食べるスパゲッティ」などが人気です。

 

冷凍食品でダイエットをするときの注意点

手軽に食べられる冷凍食品でダイエットができたら、これほど嬉しいことはありません。しかし注意しなければいけない点もいくつかあります。

 

冷凍食品ばかりに頼らない

冷凍食品でダイエットができるのはとても便利ですが、毎日冷凍食品だけ食べるのは栄養が偏ってしまいます。最近の冷凍食品は栄養バランスを考えたものが増えていますが、それでも冷凍食品だけで生活をするのは避けたほうが良いでしょう。

 

小ぶりの冷凍食品は食べすぎてしまう

冷凍食品というとお弁当に入れられるような小ぶりなものが多いですが、だからと言って大きいものはカロリーや糖質が気になります。もし小ぶりの冷凍食品を食べる場合は、1個あたりのカロリーや糖質をしっかり把握しておきましょう。

 

まとめ

冷凍食品でダイエットができるのは、忙しくてなかなか料理ができない人にとってはとても有り難いものです。しかしひと口に冷凍食品といってもいろんな種類がありますから、“ただ食べる”のではなく1つ1つのカロリーや糖質を意識して食べるようにしましょう。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加