ダイエット中でもお酒はあり?正しい飲み方について

ダイエット中でもお酒はあり?正しい飲み方について

ダイエット中はお酒を我慢している人も多いでしょう。しかし、大好きなお酒を我慢するのは辛いという方も少なくないはずです。ここでは、ダイエット中のお酒について紹介しています。飲んでも太らないお酒はあるの?どれくらいの量なら飲んでも良いの?お酒大好きさんは必見です。

 

糖質を意識したほうが良い?

お酒はカロリーが高いイメージがありますが、ダイエット中の場合はカロリーよりも糖質を意識したほうが良いでしょう。お酒の中には糖質が低いものもありますので、どうしても飲みたい場合は糖質をチェックしてみてください。

 

飲む量にも気をつけて

もちろん、糖質が低いからと言ってたくさん飲むのはNGです。ダイエット中は“飲む量”も重要ですから、瓶は避け、1缶350mlを1本飲む程度にしておきましょう。家にお酒があるとつい飲んでしまうという方は、買いだめしないのもポイントです。

 

ダイエット中にNGなお酒

ダイエット中は基本的にお酒は避けたほうが良いのですが、どうしても飲みたい場合は「NGなお酒」を避けると良いでしょう。一番NGなのはビールです。夏になるとビールが美味しくなりつい飲みすぎてしまいがちですが、ビールには糖質が含まれておりダイエット中は非常に危険です。最近は糖質オフのビールも増えていますので、飲みたい方はおすすめでしょう。

 

他にも、酎ハイや日本酒もNG。甘味料が多く含まれているのでダイエット中にはおすすめしません。

 

太りにくいお酒

どうしてもお酒が飲みたい方は、先ほども述べたように「糖質オフ」のものを選ぶと良いでしょう。たとば、ハイボールやウイスキー、ジンなどです。焼酎も良いと言われています。ハイボールはウイスキーと炭酸を割っているので糖質も入っていませんし、焼酎は原料が麦や芋ですが、蒸留過程で糖質カットされているので安心です。

 

おつまみも気をつけたほうが良い?

お酒のお供に欠かせないのがおつまみです。ダイエット中でも食べられるおすすめおつまみを紹介します。

 

  • 枝豆
  • 豆腐
  • ビーフジャーキー
  • だし巻き卵
  • 刺身
  • スルメ

 

タンパク質の多いおつまみはお酒と一緒に食べても安心ですし、ボディメイクにも役立ちます。ダイエット中はどうしてもタンパク質を避けがちですが、健康的に綺麗に痩せたい方はタンパク質を含んだおつまみをお酒と一緒に摂りましょう。

 

まとめ

できればダイエット中はお酒は避けたいところですが、我慢をするのはダイエットに良くありません。今回紹介した「ダイエット中のお酒について」を参考に、ダイエット中でも賢くお酒を飲みながら、ストレスフリーで痩せましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加