おからダイエットが話題!効果とやり方について

おからダイエットが話題!効果とやり方について

おからは、豆腐を作るときにできる「豆腐のカス」です。あまり食べる機会が少ないので、どんな栄養素があり、どんな効果があるのか知らない方が多いのではないでしょうか。実は、そんな「おから」にはダイエットとして高い効果があると近年注目されています。

 

そこでここでは、「おから」に着目して、効果とやり方を紹介したいと思います。

 

おからがダイエットに良い理由

おからには、豊富な食物繊維が含まれているのは知っていますか?食物繊維といっても水溶性と不溶性がありますが、おからは不溶性になります。そのため、水溶性よりもお腹に溜まりやすく、また腸を刺激し排便を促してくれます。排便がスムーズになるということは、当然体内がスッキリするので、ダイエットに良いと言われているのでしょう。

 

おからの効果

もちろん、おからにはダイエット以外にもさまざまな効果が期待できます。

 

美肌

おからは大豆なので、イソフラボンが豊富に含まれています。イソフラボンは、ご存知のとおり女性ホルモンに似た働きがあります。摂り続けることで、美しい肌や女性らしいボディーも手に入れることができるでしょう。

 

老化予防

おからには、抗酸化作用のあるビタミンEも含まれています。

 

イライラ防止

たっぷりのミネラルで、カルシウムやマグネシウムが摂れるのもおからの良いところです。カルシウムは骨を丈夫にするだけでなくイライラ防止にも繋がるので、心を豊かにもしてくれるでしょう。

 

他にも、オリゴ糖やタンパク質なども含まれており、体の中から綺麗にしてくれます。

 

おからダイエットのやり方

ただ食べるだけでも効果的ですが、どうしても飽きやすいのがおからのデメリットです。ここでは、楽しくおからダイエットを続けるやり方を紹介したいと思います。

 

おからポテトサラダ

通常のポテトサラダに、おからをプラスするだけの簡単メニューです。

 

おからハンバーグ

ハンバーグを作るときに、おからをプラスします。

 

おからの食感が苦手な方は、「おからパウダー」を使うのも良いでしょう。パウダーなら手軽に使えるので、いつどんなときでも摂取できます。ヨーグルトやお味噌汁にかけたり、アイスやミルクティーなどに混ぜると食べやすくなります。

 

おからヨーグルト
  • 無糖ヨーグルト 150g
  • おからパウダー 大さじ1
  • はちみつ 少々

 

1.ヨーグルトにおからパウダーを混ぜ、はちみつをかけて完成。

 

ちなみに、おからはたくさん摂れば良いというわけではありません。毎食前に、大さじ1~2杯食べるだけで十分です。また15~30分前に食べることをおすすめします。お腹の中でしっかりかさ増しさせるために、水分と一緒に摂ると良いでしょう。

 

まとめ

大変な食事制限をするくらいなら、おからパウダーを取り入れたほうが簡単です。毎食前大さじ1~2杯摂るだけで便秘解消や美肌になれるので、ぜひチャレンジしてみてください。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加