脂肪が落ちにくい頑固な腰回りをスッキリさせるダイエット方法

脂肪が落ちにくい頑固な腰回りをスッキリさせるダイエット方法

一度脂肪がつくと、なかなか落とせないのが腰回りです。キュッと引き締まったウエストは、女性なら誰もが憧れるのではないでしょうか。ここでは、そんな頑固な腰回りの脂肪を落とし、引き締めるダイエット方法を紹介します。

 

腰回りダイエットに効果的なストレッチ3選

腰回りの脂肪を落とし引き締めるには、筋力アップする必要があります。普段ほとんど使わない部位だからこそ、集中的にストレッチをすることでしっかり効果を実感できます。

 

プランク

フロントブリッジと呼ばれるもので、腰回りを細くする効果があります。
マットの上にうつ伏せになり、腕を肩幅分に広げ、上半身を起こします。このとき、腕は90度を保つようにしてください。顔を前に向け、身体を一直線にしたら、そのまま30秒キープしましょう。インターバルをはさみ、再び一直線にし、45秒キープします。さらにインターバル、1分間同じ姿勢をキープすれば完了です。これを1回2セット行うと良いでしょう。

 

ドローイン

ひと口にドローインといっても方法はさまざまです。ここでは、その中から仰向けに寝て行う方法を紹介します。まず仰向けに寝て膝を立て、腹式呼吸をしましょう。ゆっくり息を吐きながらお腹をへこませたら、そのまま浅い呼吸を行います。10~30秒キープしたら元に戻します。

 

ちなみに仰向け以外では、立つ、座る、四つん這いになる方法があります。

 

サイドクランチ

通常のクランチよりも腹斜筋を鍛えるので、引き締まったウエストを手に入れられます。仰向けになり、膝を90度に曲げ、全身を使って横向けになります。下になっている肘を床につき、ゆっくり上半身を起こしたら、お腹をへこませます。このとき、脇腹を収縮させるように行いのがポイントです。30秒キープしたら、反対側も同様に行いましょう。インターバルをはさんで、計3セット行ったら完了です。

 

 

食事で腰回りダイエットをするには

食事も気をつけることで、より高い効果を実感できます。ポイントは、バランスの取れた食事です。脂質の摂りすぎに注意しながら、タンパク質や炭水化物を摂取します。カップ麺やスナック菓子といったハイカロリーな食事は避けましょう。

 

 

なぜ腰回りが太ってしまうのか

そもそも、なぜ腰回りに脂肪がついてしまうのでしょうか。根本的な原因を知っておくと、無理なダイエットをしなくても効率良く痩せることができます。

 

一番の原因は、「基礎代謝力」です。基礎代謝力は、年齢とともに低下していきます。特に食べすぎてもいないのに脇腹~腰にかけて脂肪がつくようになったという方は、基礎代謝力が低下していると考えて良いでしょう。若い頃のような基礎代謝力を取り戻すことは困難ですが、低下させないためにも、適度な運動やストレッチを行うようにしてください。

 

まとめ

腰回りは、一度脂肪がつくと痩せるのに時間がかかります。ブヨブヨになってしまう前に、積極的にストレッチを取り入れ、消費カロリーより摂取カロリーが多くならないように気をつけましょう。年齢とともにイヤでも脂肪がついてしまう場所ですから、食事バランスにも注意してください。意識して腰回りダイエットをしていれば、いつまでも引き締まったウエストを維持できるはずです。


このエントリーをはてなブックマークに追加