韓国で流行ったさつまいもダイエットが驚くほど効果的ってホント?

韓国で流行ったさつまいもダイエットが驚くほど効果的ってホント?

さつまいもと聞いて、ダイエットに良いと考える方は少ないでしょう。どちらかというと、便秘解消に良いイメージのほうが強いはずです。なぜさつまいもダイエットが話題になったのかというと、韓国アイドルがさつまいもを使ったダイエットで成功しているからです。韓国アイドルと言えば、背が高くスラっとスタイルの良い方が多く、日本の若い女の子のファンもたくさんいます。

 

そんな韓国アイドルが実践して成功しているのですから、試す価値はかなり大きいと言えます。
ここでは、さつまいもダイエット(コグマダイエット)を徹底調査してみました!

 

さつまいもが痩せると言われている理由

さつまいもには食物繊維が含まれているので、便秘解消になるというのは分かりますが、それだけではダイエットに良いと言われてもピンときません。詳しく調べてみると、便秘解消以外にもいくつかダイエットに嬉しい効果があることが分かりました。

 

◎低カロリー
「え?さつまいもって高カロリーなんじゃないの?」。そう思う方は少なくないでしょう。しかし実際は、白米150gと比べてもカロリーが低いと言われています。白米150gのカロリーは、約250kcalになります。さつまいもは同じ量で約190kcalですから、約60kcalも低いことが分かります。

 

◎脂肪がつきにくくなる
さつまいもは、GI値が低い食品です。このGI値が高いと、食後の血糖値が一気に上がるので、太りやすくなります。GI値が低いとゆっくり糖を吸収してくれるので、脂肪がつきにくくなるというわけです。

 

◎満腹感がある
食物繊維のおかげで、お腹にしっかり溜まります。1本でも満足できるので、食べすぎも抑えられるでしょう。

 

 

さつまいもダイエットを成功させるポイント

せっかくさつまいもダイエットをしても、失敗してしまっては意味がありません。ダイエットを成功させるためには、「過剰摂取」「アレンジ方法」「置き換えの時間帯」の3つに気をつける必要があります。

 

「過剰摂取」
白米150gのカロリーより低いと言われていても、過剰摂取してしまえば意味がありません。また、普段の食事にさつまいもをプラスするのもNGです。

 

「アレンジ方法」
さつまいもだけでは飽きてしまう…そんな方におすすめなのがアレンジですが、アレンジ方法を間違えてしまうと、カロリーの過剰摂取になりダイエットは失敗に終わってしまいます。

 

「置き換えの時間帯」
主食をさつまいもに置き換えるのがさつまいもダイエットです。夕食に置き換えてしまうと、きちんと消費されず脂肪になってしまいます。

 

さつまいもダイエットのやり方

先ほども述べたように、さつまいもダイエットは主食をさつまいもに置き換えて行う方法です。このとき注意してほしいのが、「食べる量」です。白米150gと同じ量を食べるには、さつまいも約1/2本が1食の目安になります。またあれこれ調理するよりも、シンプルに焼きいもにするのがベストでしょう。

 

  • 皮ごと食べる
  • 冷やして食べる

 

のもおすすめです。アレンジしたい場合は、ヨーグルトをプラスするとタンパク質も補えます。

 

まとめ

さつまいもダイエットは、誰でも簡単に始められるダイエット方法です。甘みもあるのでそのまま食べても良いですし、満腹感もあるので、ダイエット中の空腹を我慢するのが辛い方にもおすすめでしょう。主食をさつまいもに置き換えるだけで良いのも、ズボラさんには嬉しいダイエットです。毎日続けて、理想のボディーを手に入れましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加