楽しく美味しく痩せるなら寒天ダイエットにトライ!

楽しく美味しく痩せるなら寒天ダイエットにトライ!

カロリーが低く食物繊維が豊富に含まれている寒天は、ダイエットにとても最適です。一見するとデザートのイメージが強いですが、実際は主食や副菜など、さまざまなシーンに使われています。要するに、どんな調理法でも美味しく食べられるのが寒天なのです。
そんな寒天を使って、楽しく美味しくダイエットしてみませんか?

 

寒天には2種類の食物繊維が含まれている

寒天には食物繊維が含まれているのは皆さんご存知だと思いますが、食物繊維には2つの種類があります。寒天には2つの食物繊維がバランス良く含まれているのが特徴です。

 

食物繊維は「水溶性」と「不溶性」に分けられます。水溶性は、その名のとおり水に溶ける食物繊維で、血糖値の急上昇を防いだり、整腸作用が期待できます。一方で不溶性は、水に溶けにくい半面、お腹に溜まりやすくデトックス効果や腸内環境の改善などを行います。寒天がダイエットに良いと言われているのは、この2つの食物繊維のおかげと言っても過言ではないでしょう。

 

寒天ダイエットのポイント

どんなにダイエットに良いと言われている寒天でも、やり方を間違えると失敗してしまいます。寒天ダイエットのポイントは、3つあります。1つ目は、食前に食べることです。ごはんを食べる前に寒天を摂取することで、食べすぎを抑えることができます。

 

2つ目は、デザートに食べることです。スイーツが好きな方や、つい間食をしてしまう方は寒天に変えるだけで「おやつは我慢」から解消されます。3つ目は、かさ増しで使用する方法です。寒天は水を含むと膨れるので、食事に使うと量が増え食べすぎを抑えられます。

 

寒天ダイエットの正しいやり方

 

基本的な寒天ダイエットのやり方は、

  • 食前10~30分前に摂取する。
  • 摂取量に気をつける。
  • 1日3回に分ける。

 

の3つに気をつけて行います。
食事直前では寒天がしっかり膨らんでいないので、必ず10~30分前に食べるようにしてください。摂取量は、粉寒天の場合で1日6gまで、食べすぎは逆効果になります。また寒天を混ぜて使用する場合は、糖分に気をつけましょう。

 

ダイエットにおすすめの寒天レシピ

寒天ダイエットは、何かに混ぜて食べれば良いだけなのでとても簡単です。とはいえ、ただ何かに混ぜて食べるだけでは飽きてしまいます。飽きずに楽しく行うために、おすすめの寒天レシピを紹介します。

 

黒豆豆乳寒天

 

  • 黒豆(煮豆) 70g
  • 豆乳 200ml
  • 水 100ml
  • 粉寒天 4g
  • 生姜(しぼり汁) 5ml
  • きな粉 大さじ1/2
  • 自然甘味料 大さじ1/2
  1. 鍋に水、粉寒天を入れて中火にかけ溶かし、火を止めて豆乳を少しずつ加える。
  2. 生姜のしぼり汁を加える。
  3. 容器に黒豆を入れ、2を注いだら冷蔵庫で冷やし固めたら完成。

 

トマト寒天

 

  • 無糖トマトジュース 600g
  • 粉寒天 3g
  • はちみつ 大さじ1
  • レモン汁 大さじ2
  1. 鍋にトマトジュースと粉寒天を入れる。
  2. 2~3分したら火を止め、はちみつとレモン汁を加え混ぜる。
  3. 型に流し、冷やし固めたら完成。

 

まとめ

寒天ダイエットは、食事にプラスしても、デザートとして食べても健康的に痩せることができます。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスも良いので、お腹にしっかり溜まり、さらに腸内環境も整えデトックス効果も期待できますから、美容と健康、どちらにも効果的です。無理なダイエットはしたくない方、綺麗に痩せたい方は、ぜひ寒天ダイエットにチャレンジしてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加