短期間で痩せるならデトックススープがおすすめ!

短期間で痩せるならデトックススープがおすすめ!

体内を綺麗にしながらダイエットできるのがデトックススープです。脂肪燃焼スープとも呼ばれ、具だくさんなのでお腹も満たされ、無理なくダイエットすることができます。そんなデトックススープですが、マイナス点がひとつあります。それは、「飽きやすい」という点です。「毎日同じスープを飲むのは苦痛…」そんな方も少なくないでしょう。

 

そこでここでは、少しでも楽しく、そして美味しくダイエットできるデトックススープを紹介したいと思います。デトックススープでのダイエットは続かないと思っている方は必見です。

 

基本のデトックススープの作り方

デトックススープと言えば、トマトやコンソメを使ったものが基本の作り方になります。アレンジをする前に、まずは基本のデトックススープを知りましょう。たっぷりの野菜をグツグツ煮込むので、栄養満点、お腹もしっかり満たしてくれるでしょう。

 

【材料】

  • キャベツ 1/2個
  • 玉ねぎ 3個
  • ピーマン 1個
  • セロリ 1本
  • にんじん 1本
  • キノコ類 1パック

 

  • 土生姜 2cm程度
  • 水 400cc
  • トマト缶 1缶
  • 酒 大さじ1

 

  • コンソメ 1個
  • しょう油 小さじ2
  • 鷹の爪・こしょう 少々

 

【作り方】

  1. 野菜をすべてカットします。
  2. 生姜はすりおろします。
  3. 鍋に水、酒、野菜とキノコ類を入れます。(※にんじん・玉ねぎ・ピーマン・キノコ・キャベツ・セロリの順で入れる)
  4. 生姜を入れ、フタをして強中火にかけます。
  5. 2/3までカサが減ったら、トマト缶と◎を入れて弱火にします。
  6. 10分ほど煮込んだら、全体を混ぜて完成です。

 

味のパターンに飽きたら「和風」にチャレンジ

基本のデトックススープをアレンジすれば、毎日食べても飽きません。トマト缶とコンソメを入れるのでベースは洋風ですが、あるものを使うと和風のデトックススープに大変身します。その「あるもの」とは、昆布・かつお節です。和風だしで煮込むだけで、洋風のデトックススープが和風に早変わりするので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

他にも、味噌や豆乳を入れたデトックススープもあります。豆乳と味噌が加わることでまろやかになり、クリーミーなデトックススープになります。

 

ちょい足しデトックススープ

調味料をちょい足しするだけでも、基本のデトックススープが大変身します。がっつりアレンジするのは面倒くさい、サクッと手軽に食べたいという方におすすめです。

 

  • ごま油と塩こしょう・・・ごま油の風味で、中華風のデトックススープになります。
  • カレーパウダー・・・トマト、コンソメとの相性も良いので美味しく食べられます。
  • キムチ鍋の素・・・ピリ辛が好きな方におすすめのちょい足しです。キムチ効果で、さらに脂肪燃焼が期待できます。

 

まとめ

デトックススープはダイエットの定番レシピのひとつですが、毎日同じスープを食べ続けるのは苦痛です。しかし、アレンジやちょい足しをすれば、味に飽きる心配もなく楽しく続けられるでしょう。基本のデトックススープに飽きた方は、ぜひ試してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加