水ダイエットは危険?正しいやり方と注意点

水ダイエットは危険?正しいやり方と注意点

水でダイエットができるのは知っていますか?ダイエット中でも水分を摂取することはとても大切ですが、今回紹介するダイエット方法は、「水ダイエット」と呼ばれるものです。

 

水を摂ることで痩せやすい体質になり、ダイエットを成功させることができます。いまいちピンとこない方のために、「水ダイエット」の方法を紹介しましょう。

 

水ダイエットで得られる効果

水を飲むとむくむイメージがありますが、水ダイエットはむしろ体の環境を良くしてくれるので、綺麗に健康的に痩せることができます。得られる効果は3つあります。

 

新陳代謝がアップする

水には、血行を促進し基礎代謝を高める効果があると言われています。また温かい水、いわゆる白湯は内臓の働きを活性化するので、冷え性の改善にも繋がるでしょう。

 

便秘が解消される

便秘解消と聞くと食物繊維が良いと思われがちですが、実は水にも便秘解消の効果が期待できます。水分が不足すると、便が硬くなり便秘を引き起こします。水分を摂取すれば排便がスムーズになり、内臓機能も高めてくれるでしょう。

 

むくみにくくなる

水=むくむイメージがある中で、むくみにくくなる、むくみを解消すると聞くと胡散臭くなりますが、実際水にはむくみを解消する効果があります。それは、水を飲むことで血流が良くなり、代謝がアップするからでしょう。特に寝る前にコップ1杯の水を飲むと良いと言われています。

 

水ダイエットのやり方と注意点

水ダイエットは、飲むタイミングや1日に必要な量をしっかり守らなければいけません。また水「だけ」でダイエットを継続すると、体が省エネモードになり挫折したときに一気に太ってしまう恐れがあります。ですから、水ダイエットをする際はやり方を間違えないように注意してください。

 

飲むタイミング

喉が渇いたときに飲むのがポイントです。また、水分が不足しやすいときも、適量に水を補給することで水の良い面がしっかり働いてくれます。たとえば、寝る前後やスポーツ前後、入浴前後です。特にスポーツや入浴の後は脱水症状が起こりやすいので、積極的に水を飲むようにしてください。

 

1回の摂取量

水は、ただたくさん飲めば痩せるわけではありません。やり方を間違えるとむくみの原因になりますので、必ず1回コップ1杯程度、1日6~8回に分けて飲むようにしてください。また1日約1.5リットルが好ましいと言われていますが、個人差があります。「1.5リットル飲んでむくんだ」という方は、自分に合った量を調整してみると良いでしょう。

 

まとめ

人によって体質が違いますので、すべての人が同じ量の水を飲めば痩せるわけではありません。また、冷たい水は体を冷やしますし、一度にたくさんの量を飲んでしまうとやはりむくんでしまいます。ダイエットで必要なのは「消費カロリー」です。水ダイエットから食事を摂取する場合は、十分注意してください。


このエントリーをはてなブックマークに追加