おやつを食べても太らない?美味しく食べてダイエットしよう!

おやつを食べても太らない?美味しく食べてダイエットしよう!

 

「ダイエット中でもおやつが食べたい!」でも、多くの人はおやつ=太るものと考えているのではないでしょうか。ダイエットのために、おやつをセーブしている方も少なくないでしょう。

 

そんなおやつ大好きな人に朗報です!ダイエット中でも安心して食べられるおやつを紹介します。食べながら痩せられる?そんなおやつがあればダイエットのストレスも軽減できるはずです。

 

ダイエット中でも食べられるおやつ

ダイエット中だからといって、すべてのおやつをやめる必要はありません。
おやつの中には、ダイエット中でも食べられるものがあります。そのなかには、みんなが大好きチョコレートやクッキーなども含まれており、あるポイントをおさえておけばダイエット中でも安心しておやつを食べることができます。

 

ポイントは4つあります。

 

  1. チョコレートはカカオマスを含んだもの(オリゴ糖入りのものも良いでしょう。)
  2. 低糖質(最近は糖質0のおやつも増えていますが、糖質オフと書かれていなくても、成分表示の最初のほうに砂糖が書かれていなければ糖質は少ないといえます。)
  3. たんぱく質が多いもの
  4. しっかり噛むこと

 

これらを踏まえたうえでおすすめのおやつは、カカオ70%以上、カカオマス→砂糖の順に成分表示されているチョコレート、ドライフルーツやナッツ類、サラダチキンやギリシャヨーグルト、ビーフジャーキーなどが挙げられます。それぞれ小分けにしておくと食べすぎも防げるでしょう。

 

実は食べるほうが太りにくくなるおやつがある?

おやつと聞くと太るイメージがありますが、むしろ食べたほうが太りにくくなるおやつも存在します。それは、ナッツ類・乳製品・果物・ビターチョコレートです。

 

チョコレートはカカオ70%以上であればダイエット中でも食べられるおやつとして紹介しましたが、実は食べると「太りにくくなるおやつ」でもあります。またチーズやヨーグルトなどの乳製品と合わせて食べると、満腹感も高まり食事制限にも役立つでしょう。

 

ナッツ類は、ビタミンEや食物繊維、亜鉛、鉄分などが含まれており、ダイエット中に食べることで必要な栄養素をしっかり補うことができます。ただし高カロリーなので、食べすぎには十分注意しましょう。1日20粒程度が目安になります。

 

乳製品は、ヨーグルト・チーズ・卵など。栄養価も高く、少量でも満足できるのでダイエット中にはもってこいでしょう。たんぱく質・脂質・カルシウムがバランス良く摂取できます。

 

果物は糖分が高いので、食べすぎには気をつけなければいけません。また単体で食べるよりも、たんぱく質と組み合わせることをおすすめします。

 

ダイエットおやつを手作りしてみよう

市販のダイエットおやつも良いですが、手作りすると添加物もカットでき安全です。

  1. スコーン

ホットケーキミックス、きな粉、絹豆腐、はちみつで簡単に作れます。作り方も、ボウルにすべての材料を入れて混ぜ、アルミを敷いたトースターで20分焼くだけで良いので時間もかかりません。

 

【材料】
  • ホットケーキミックス・・・1袋
  • きな粉・・・20g
  • 絹豆腐・・・20g
  • はちみつ・・・5~10g

 

【作り方】
  1. ボウルにすべての材料を入れて混ぜる。
  2. まとまったら8等分にし丸める。
  3. 1cmくらいの厚さにしたら、トースターで20分焼いて完成。
  • プロテインケーキ

ココア味プロテイン、おから粉、ココア、ラカント、サイリウム、水、ベーキングパウダーで作れます。プロテインが含まれているので、高たんぱくでお腹もしっかり満たしてくれます。

 

【材料】
  • ココア味プロテイン・・・大さじ3
  • おから粉・・・大さじ3
  • ココア・・・小さじ1強
  • ラカント・・・大さじ2
  • サイリウム・・・小さじ1
  • 水・・・180cc弱
  • ベーキングパウダー・・・小さじ1

 

【作り方】
  1. プロテイン、おから粉、ココア、ラカント、サイリウムを混ぜる。
  2. 水を少しずつ加え、混ぜる。
  3. ベーキングパウダーを入れて混ぜ、耐熱容器に入れて電子レンジで4~5分加熱する。

 

まとめ

ダイエット中でもカロリーを気にせずおやつが食べられると、ストレスも軽減でき、楽しくダイエットができそうです。ダイエットの大敵は「無理をすること」「我慢をすること」なので、「おやつが食べたい!」という方は、今回紹介したおやつを取り入れてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加