ヨーグルトダイエットでマイナス〇kgを目指そう

ヨーグルトダイエットでマイナス〇kgを目指そう

食べるだけで理想の体型を手に入れられると言われているのが「ヨーグルト」です。
ヨーグルトいうとスイーツのイメージがありますが、近年ではダイエット食品としてとても人気があります。そんなヨーグルトを使ったダイエット方法をクローズアップしてみました。果たして本当に痩せるのか、リバウンドの心配はないのかなど、気をつけたいポイントも併せて紹介します。

 

ヨーグルトに含まれている栄養素

ヨーグルトには、カルシウム以外にもカリウムやマグネシウム、ナトリウムなどさまざまな栄養素が含まれています。また発酵食品ということで、腸内環境を整えたり、善玉菌を増やしたり、免疫力を高めたり健康にもプラスになります。

 

特にカルシウムは、牛乳や他の乳製品よりも吸収率が高いと言われています。さらにビタミンもたっぷり含まれていることから、代謝促進もしっかりサポートしてくれるでしょう。

なぜダイエットに良いと言われているのか

健康的にダイエットを成功させるためには、ただ食事制限をするだけではNGです。脂質代謝や免疫力を高めるなど、体の中から改善する必要があります。ヨーグルトなら、これらをすべてクリアしているので、綺麗に痩せることができるのでしょう。

 

また、ヨーグルトといえば美肌効果も期待できます。無理なダイエットをして肌がボロボロになってしまうことを考えると、ヨーグルトはとても優秀なダイエット食品と言えるかもしれません。

 

いつ食べたら良い?

では、どのタイミングでヨーグルトを食べたら良いのでしょうか?
朝ヨーグルトや夜ヨーグルト、ホットヨーグルトなどいろんな食べ方がありますが、「どんな効果を得たいのか」で食べるタイミングが変わってきます。食前と食後でも効果が変わってきますので、「なんとなく食べていた」という方は見直してみてください。

 

朝ヨーグルト

食前に食べると、脂質・糖質を分解してくれます。また腸が刺激されるので、便秘解消にも効果的でしょう。ポイントは、起き立ちにコップ1杯の水を飲むことです。胃腸の働きが良くなり、ヨーグルトの吸収率もアップするでしょう。

 

食後は、善玉菌を腸にしっかり届けることができるので、便秘解消効果が期待できます。

 

夜ヨーグルト

腸内で善玉菌が活発に働いてくれます。腸内環境が整うので、体内に老廃物を取り込みません。特に22時~翌2時に食べると腸内の働きが活発になると言われています。

 

ヨーグルトダイエットにぴったりなトッピング

ヨーグルトダイエットで困るのが、飽きやすいという点です。甘みがないので、食べにくいと感じる方もいるかもしれません。そんな味気ないヨーグルトを少しでも美味しく食べるために、ダイエットに効果的なトッピングを取り入れてみましょう。

 

おすすめは、おろし生姜・シナモン・アーモンド・バナナです。
「ヨーグルトに生姜?」と思うかもしれませんが、意外と相性が良く、ピリッとした風味が癖になります。また代謝アップも期待できます。

 

シナモンにも、代謝アップ効果があります。ビタミンB群やカリウム、マグネシウムなどが含まれているので、体内に溜まった余分な水分を排出することができます。

 

アーモンドには便秘解消効果がありますし、バナナは言わずと知れた食物繊維が豊富に含まれた果物です。オリゴ糖も含まれており、ヨーグルトとの相性が良いのも魅力的でしょう。

 

ホットヨーグルトの効果について

ダイエットには、ホットヨーグルトも良いと言われています。ホットヨーグルトは言葉のとおり温かいヨーグルトですが、朝食に食べることで十分に有効成分を体内に届けることができます。また乳製品でお腹を壊しやすい方でも、ホットヨーグルトなら安心して食べられるでしょう。

 

ヨーグルトダイエットで気をつけたいポイント

ヨーグルトダイエットをするうえで注意したいのが、1回の摂取量と糖分です。120gを目安に、無糖タイプのヨーグルトを摂取します。甘みが欲しい場合は砂糖を避け、オリゴ糖やハチミツがおすすめです。また「自分に合うヨーグルト」というものもありますので、無理に合わないヨーグルトを食べるのも避けたほうが良いでしょう。アレルギーが出る方も注意してください。

 

まとめ

誰でも簡単にはじめられるのがヨーグルトダイエットです。さっぱりしているので「味気ない」「続かない」という方もいるかもしれませんが、トッピングを工夫すれば楽しく食べることができます。朝食に、おやつ代わりに、ヨーグルトを摂取してダイエットしませんか?腸内環境が整い、体の中から綺麗になれるでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加