ダイエット中に食べられるおやつ

ダイエット中に食べられるおやつ

ダイエット中、おやつを食べることは気が引けてしまいますよね。
『甘いものが食べたいけどこれまでの努力が無駄になってしまわないだろうか…』
『ダイエット中でも食べられるおやつがあればいいのに…』
こんな声もよく聞きます。

 

今回は、ダイエット中にも食べられるおやつについて紹介する記事になります。

 

<目次>

  1. おやつはなぜダイエットによくないの?
  2. ダイエット中に食べるならこのおやつ
  3. ダイエット中におやつを食べるときの注意点
  4. まとめ

 

ダイエットに我慢は必要ですが、無理は禁物です。食べ物とうまく付き合うことで無理なく続けられ、理想の体を手に入れることができますよ。

 

1.おやつはなぜダイエットによくないの?

『おやつはダイエットによくない』という固定概念から、なんとなく食べちゃいけないと思っていることがあります。
間違いではないですがその理由が大切です。

 

おやつがダイエットによくないのは糖質や脂質が多いものがほとんどだからです。

 

チョコレートやポテトチップスはその最たる例です。

  • チョコレートは糖質が多いだけかと思いきや、かなりの脂質も含まれています
  • ポテトチップスは言わずもがな脂質と、じゃがいもなので糖質も高いです

 

このように、おやつとして好まれているもののほとんどに糖質と脂質が多く含まれています。

 

実は人間は脂質を摂ると『もっと食べたい』と思うようになります。だからおやつは一種の依存症のようなものなんです。

 

2.ダイエット中に食べるならこのおやつ

ではダイエット中におやつは食べることができないのか?というとそんなことはありません。実はダイエット中にも食べられるおやつはあるんです。

 

ダイエット中に食べられるおやつの条件は脂質が少ないことです。

 

先ほどの通り脂質には依存性があるので、どんどん食べたくなってしまいます。またカロリーも高くなってしまうので、脂質が少なければ甘いものも多少は食べても問題ありません。脂質の少ないおやつは次のようなものがあります。

 

(和菓子)
甘いもので言えば和菓子が最もオススメです。

 

先ほどチョコレートは脂質が高いと話しましたが、それはチョコレートの生クリームやバターに含まれています。つまりクリームを使うような洋菓子のほとんどは脂質が高いですが、逆に和菓子には脂質はほとんど含まれていません。

 

だからと言って、例えば「クリーム大福」などはもちろんNGですので注意しましょう。

 

(フルーツ)
他に脂質がない甘いものと言えばフルーツです。

 

フルーツは脂質がほとんど含まれておらず、甘さもありますよね。果汁もあってジューシーなのでカロリーも低いです。

 

ただし、実はフルーツの甘さの主成分である「果糖」は砂糖とは違う代謝のされ方をします。砂糖を食べると血糖値が上がってエネルギー源となりますが、果糖は血糖値を上げずに直接肝臓に送り込まれます。

 

血糖値を上げないため満腹感を感じづらく、結果食べすぎてしまうということにもつながります。フルーツを食べる際にはそのことを頭に入れておきましょう。

 

 

3.ダイエット中におやつを食べるときの注意点

ここまで、ダイエット中に食べられるおやつとして「和菓子」「フルーツ」を紹介しました。

 

こういう紹介をすると『それならばたくさん和菓子を食べよう!』となってしまいますが、もちろん食べ過ぎは禁物です。

 

ダイエット中でも食べられるとは言え、次のような注意点がありますので覚えておいてください。

  • 糖質はしっかり含まれている
  • フルーツは食べすぎてしまいがち

 

糖質は筋トレなどの際にエネルギーとして使われますので、例えば『おやつを食べる日は筋トレをする』などルールを決めておくといいですよ。

 

4.まとめ

今回はダイエット中にも食べられるおやつを紹介しました。

 

何度も言いますが、「ダイエット中にも食べられる=食べても太らない」ではありません。
あくまでも依存性が低く、カロリーも低いという理由でのオススメです。
ダイエット向きだからと言っていつもの倍食べてしまってはかえって太る結果になりますので、その点だけは中強いしましょう。

 

『〇〇はダメ』ではなく『△△なら良い』を突き詰めていくのが良いダイエットです。
許される範囲内で思いっきり贅沢して、自分だけの贅沢ダイエットをしていきましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加