ぽっこりした下腹を撃退!効率的に内蔵脂肪を減らす食事方法

ぽっこりした下腹を撃退!効率的に内蔵脂肪を減らす食事方法

ぽっこりと出た下腹が気になる方も多いのではないでしょうか?中年と言われる年齢になると特に気になるお腹周りの脂肪ですが、下腹がぽっこりとダラしなく出てしまうのは男性に多いです。それは、男性が女性に比べて「内臓脂肪」がつきやすい体質にあります。ホルモンの関係で男性には内臓周辺に脂肪が付きやすく、そのせいで下腹がぽっこりと出てしまう体型になってしまいます。

 

私もお腹周りに脂肪が蓄積し、ウエストサイズが90cmを超える程の体型でした。85cm以上でメタボリックシンドロームと言われるので、完全にメタボ体型ですね。こういった下腹を解消するには有酸素運動やストレッチや筋トレなど様々な方法がありますが、食事管理も重要になってきます。

 

ですが、食事管理と聞くと好きなものが食べることができなかったり、沢山食べられない、常にお腹が空いている状態になっているなどあまり良いイメージがないと思います。そこで、ぽっこりと出てしまったダラしない下腹を撃退するために内臓脂肪を効率よく落とせる食事方法をご紹介していきます。

 

高たんぱく質な食事

高たんぱく質と言ってもボディビルダーの様に沢山摂る訳ではなく、全体の食事の中でタンパク質の割合を多くすると言うことです。普段の食事に含まれる、たんぱく質・炭水化物・脂質のバランスを調べてみると分かると思いますが、びっくりするほど炭水化物と脂質が多いことが分かります。炭水化物はエネルギーとして重要な栄養素ですが、エネルギーが豊富なので当然取り過ぎると脂肪として蓄積してしまいます。

 

脂質はホルモンバランスを整えたりするのに重要な栄養素ではありますが、こちらも勿論取り過ぎると脂肪が蓄積する原因となります。エネルギー源が豊富な炭水化物や脂質は食べ物として美味しく、手軽に食べやすい食べ物に含まれていますのでついつい取り過ぎてしまいます。まず、この栄養素のバランスをとるためにたんぱく質を多めに摂ると言うことが重要です。

 

また、たんぱく質にはインスリン抵抗性から身体を守る効果があると言われており、たんぱく質・炭水化物・脂質の摂取バランスを均等にすると内臓脂肪が減少したという研究もあります。

 

治療食事方法でよく言われる7×4回の食事法

様々なダイエット本や記事などで言われている食事の総量を減らす方法の一つです。具体的な方法ですが、まず1食で食べる量を10とします。そうすると、通常1日に3食食べますので、総量が30になります。次に1食の量を7にします(腹七分目ということですね)。その食事を1日に4回摂ります。

 

そうすると、総量が7×4=28となります。

 

これだけ見ていただければ分かると思いますが、量でいうと「2」分の食事量が一日で減らせています。これを毎日続けていれば少しずつ食べる量が減っていくという計算です。カロリーで計算すると分かりやすいかと思います。

 

1日に4回食事するため、1回1回の食事の間が普段より短くなるので腹七分目でもお腹が空きにくくなるのも良い点です。これに、高たんぱくな食事をプラスして栄養バランスを良くすれば効果は更に高まります。

 

ちょっとした糖質制限

近年ダイエット業界で話題の糖質制限ですが、まだまだ研究の余地があるようで良いとされる意見と悪いとされる意見があります。ですが、過剰に糖質を摂ってしまっている現代の食事ではある程度の糖質制限をして摂取する栄養素のバランスを均等にすることはたいせつです。主食(お米、パン類、麺類など)に多く含まれる他、お菓子類や野菜(特に根菜系)にも多く含まれます。

 

殆どの食品に多く含まれていますのでなかなか減らすことは難しいのと、一般的に言われている糖質制限のように減らしすぎてしまうと制限が多くなり続かなくなってしまいます。大事なのは続けることで習慣にすることですのであまりキツい制限をしてしまわないように、単純にご飯の量を少なくしたり、お菓子類などの感触を減らすだけで十分糖質を減らせます。食事制限とは食事の量もそうですが、本来取り過ぎている糖質を減らすということですので、量だけを減らしすぎなくても糖質が多い食品を中心に少し減らすだけで十分制限できます。

 

まとめ

食事の制限と聞くと嫌悪感を感じる方も多いと思いますが、内臓に付いている脂肪を効率よく落とすにはやはり普段の食事に気をつけるのが近道です。食事制限は朝起きて歯を磨いたりするのと同じように、普段の習慣にすることが重要です。

 

無理した食事制限は続かないため習慣にすることが難しいので、自分で出来ることから少しずつはじめてみるのがよいですね。ぽっこりした下腹の原因は内臓に付いた脂肪です。この脂肪を食事習慣を改善することで無理せず落としていきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加