おやつをただただ我慢!ではなく、逆転の発想。

おやつをただただ我慢!ではなく、逆転の発想。

ダイエット中は常に食欲との戦いです。目に浮かび、身体が欲するものは大好物ばかり。あれが食べたい、これが食べたい、と、ダイエット中の悩みはつきませんが、ひとつ、逆転の発想をしてみませんか?

 

間食してもいいんです!

 

そういうと、そんなのダイエットじゃない!そう言われるかもしれませんが、当然何でも食べていいわけではありません。

 

間食しても大丈夫なものを食べればいいんです!

 

甘いものや、スナック菓子などのハイカロリーおやつは全くオススメしませんが、食べても太りにくい、栄養豊富で健康的になる。

 

そんなものなら食べてもよいのではないでしょうか。我慢するからいつか爆発するんです。「置き換え間食食材」ならば、食べ過ぎなければ毎日だって食べても良いのではないでしょうか。

 

ここでは、オススメの「置き換え間食食材」をご紹介します。

 

にんじんスティック

ダイエット中の大敵は空腹です。
空腹を満たすには「歯ごたえのあるものを食べる。」これが大きいです。そこでオススメするのはにんじんスティックです。

 

にんじんは栄養豊富で食物繊維も豊富です。皮を剥いた生のにんじんをスティックにして、お口に頬張ってみましょう。ボリボリした食感で「ものを食べている」という強い感覚が身体を貫きます。

 

味も甘くて1本も食べれば食べごたえ抜群です。注意点としてはそのままか少しばかりの塩をつけて食べる事です。決してマヨネーズをつけて食べてはいけません。

 

プレーンヨーグルト

ヨーグルトは腸内環境を整え、健康的な身体を作ってくれます。空腹な時、積極的にとる事をオススメします。ただ、砂糖や蜂蜜を入れるのは厳禁です。プレーンの酸味が効いたヨーグルトを食べましょう。人間、味を感じればそれだけで脳が満たされますので、プレーンヨーグルトはオススメです。

 

ココア

あたたかい飲み物は空腹を紛らわせてくれます。あたたかい飲み物の中でもオススメなのはココアです。ココアはリラックス効果があり、意外に食物繊維も含まれています。

 

積極的に飲むようにして、空腹も抑えて身体の中から健康になりましょう。当然、ココアも砂糖はいれてはいけません。プレーンでいただきましょう。

 

まとめ

 

「甘いものやおやつを食べるのを我慢する。⇒食べない努力をする。」

 

これではいつか抑えがきかずに爆発する日が来ます。食べない努力をするのではなく、身体によいものなら食べてもいい。逆転の発想をしてみませんか。

 

過度な我慢や抑制ではなく、「適度な我慢」を続けていけば、ストレスもたまらず結果的にダイエットは続くかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加