若く見せたいなら気負いすぎない毎日を過ごす。

若く見せたいなら気負いすぎない毎日を過ごす。

男女問わずいつまでも若く見られたい、と願っている方は多いとと思います。かく言う私もそのうちの1人です。若いころは何か特別なことをしなくても大丈夫でした。
肌艶もよかったですし、多少の無理もきくスタミナだってありました。しかしながら、年齢を重ねていくにしたがって、どうしても埋められないものが存在しています。

 

そのような時、『少しでも若く見られたい』と、何かの方法を試してみるのはどうでしょうか。服装を若々しくしてみる、メイクを変えてみる、いろいろな方法があります
それらの方法を否定するつもりはありませんが、その方法は『その人に似合っている』ということが大前提であり、すべての人にあてはあるとは言い切れません。

 

流行語を使うのはお勧めできない

流行語を使って、若者ぶると言ったこともできればお勧めしたくはありません。流行語だと思っている言葉が実は一昔前の言葉で、逆効果となってしまう場合があるからです。メールに絵文字等を使いすぎるのも、よほど仲が良くない限り避けた方がいいでしょう。

 

痛々しい若作りに見えないように気負わない事

そこで、私が実践していることを一つお話させていただきたいと思います。ただこれは私が実践している、ということであって、無理強いするつもりはないということを、お断りさせていただきたいと思います。私はあえて『若く見せよう』、と気負わない毎日を過ごすよう、心がけています。そのように考えているのは、やりすぎて『痛々しい若作り』と思われたくないからです。

 

姿勢を正すこと

まずはできることからと思い、猫背にならないように背筋をしゃんと伸ばし、姿勢を正しく過ごすことから始めています。姿勢が悪いと、それだけでマイナスなイメージを与えてしまいますし、気分も落ち込んでいるようなイメージも感じさせてしまうことでしょう。

 

無料動画でストレッチ

無料動画を見ながら一緒にストレッチをすると、体幹トレーニングにもなるので、私としてはおすすめしたいです。中身を磨くことも大事ですが、まずは無理のない程度で見た目から入っていく、という形があってもいいのではないでしょうか。

 

まとめ

まずは無理のない方法を試してみる、私の場合はその方法が正しい姿勢を心掛けるということでありますが、その人その人に合った方法があると思います。色々と試行錯誤しながら、自分自身に合った方法を探して、新たな発見をしていくことが、おのずと『あの人はいろいろ新しい物事を調べている』『なんだか若々しくなったかもしれない』と、周囲から思われるようになるのかもしれませんよね。


このエントリーをはてなブックマークに追加