このエントリーをはてなブックマークに追加

私の若見えテクニック!記事一覧

足し算はやめて、引き算の若見せテクニック極端な若作りは見苦しいとわかりながらもやめられません。なぜなら、私は高齢出産なので、周りのママ友は平均して10歳くらい年下です。あまりに老けて見えると子供がかわいそうです。だから子供のために頑張って若見せさせています。お化粧で若見えまず、お化粧。顔がくすむなんとなく陰気な雰囲気。コロナでマスクをしているのでほうれい線は隠れています。これがありがたい。見えてる...

意外、美しい姿勢が若見えに効果的私が、年齢よりも少しでも若く見せるために気を付けているのは姿勢です。もちろん、他にも気を付けているものはたくさんありますが、意外に見落としがちである「姿勢」について説明していきたいと思います。姿勢と言っても、よく言われるような「背筋をまっすぐ」という話だけではありません。肩甲骨を開くと姿勢がよくなる最も重要なのは、肩甲骨を開くことです。肩甲骨を開くことで、自然と胸を...

ファッションで若く見せようとしない去年まで着ていた服を着て鏡の前に立ったとき、急に違和感を感じることがあります。サイズは変わっておらず着られるのですが、なぜか似合わないのです。肌のくすみだったり、たるみにより体の線が変わったりとわずかな変化だと思いますが、それだけのことで自分に似合わなくなってしまいます。そのような服を、まだ着られるからと着続けている人を見かけることがありますが、若作りしているよう...

若く見せたいなら気負いすぎない毎日を過ごす。男女問わずいつまでも若く見られたい、と願っている方は多いとと思います。かく言う私もそのうちの1人です。若いころは何か特別なことをしなくても大丈夫でした。肌艶もよかったですし、多少の無理もきくスタミナだってありました。しかしながら、年齢を重ねていくにしたがって、どうしても埋められないものが存在しています。そのような時、『少しでも若く見られたい』と、何かの方...

若さを保つ努力私はいわゆる中年後半の男性です。結婚もして子供もいる普通のおとうさんです。最近鏡を見るたびに自分の父親に似てきたなぁと思い事が多くなりました。自分で老けたと感じるようになりましたが、そんな私でも周りの人からは実際の年齢よりだいぶ若いと言われる事が多いです。私自身でも同年代の同僚と比べ自分が若いと思います。これは実に嬉しいですね。体型と頭髪に気を付けること普段から若く見られるためいくつ...