ぽっこり下腹はガスが原因!?ガスが溜まらないオススメの方法

ぽっこり下腹はガスが原因!?ガスが溜まらないオススメの方法

最近下腹がぽっこりしてきた・・・。ちゃんと運動しているのにどうして解消されないんだろう?というそこのあなた必見です!ぽっこり下腹の原因はもしかしたら”ガス”が原因かもしれません。本記事では下腹にガスが溜まる原因と、その解消方法について詳しくご紹介します!

 

何故ガスが溜まるの?

人間は食事をとると、病気でない限り消化器内でガスが発生します。そして定期的に溜まったガスは俗に言うゲップやオナラとして排泄されていきます。この時、消化器内のガスの発生と排泄のバランスが崩れ、ガスが腸管内に過剰に溜まった状態が、いわゆるガスが溜まって下腹がぽっこりした状態になります。これを”鼓腸”と言います。

 

ガス産生過剰とガス排泄量低下

(1)ガス産生過剰
これは文字通り、ガスが過剰に産生されてしまうことを言います。原因は様々ですが、大きく分けるとストレス・腸内細菌に分けられます。ストレスをかかえ空気を異常に飲み込んでしまい、ガスが溜まってしまったり、腸内細菌の変化で悪玉菌が増えると、腸内の異常発酵が起こり、腐敗ガスが発生します。

 

(2)ガス排泄量低下
消化管の運動機能が低下し、腸内に溜まったガスが排泄されずにガスが溜まる状態のことを言います。便秘や過敏性腸症候群等が挙げられますね。

 

 

解消法

(1)薬を飲む
そもそもの原因として、日常的に服用している薬の副作用でガスが溜まることも考えられます。ただガスを溜めないようにする薬も市販されているので、それも飲んでみては如何でしょうか?頻繁に服用している訳ではありませんが、私も服用した経験があります(大事な会議がある日等)。確かにいつもよりガスが溜まらず、スッキリとした感覚はありました。

 

(2)よく噛んで食事をする
下腹にガスが溜まる原因として、早食いが挙げられます。食べ物がうまく消化されなかったり、食事と同時に大量の空気を摂取してしまうことで、異常にガスが発生することがあります。また、ガスが発生しにくいものを食べるというのも有効ですね!

 

(3)腹部を締め付けすぎない
ベルトをきつく締め付けすぎたり、サイズの小さいパンツを履いたりすると、ガスが溜まりやすくなり、ぽっこりとした下腹が目立ってしまいます。ウエストを細く見せたいが故、締め付けすぎるとかえって目立った下腹になってしまいますよ・・・。

 

 

まとめ

如何でしたでしょうか?今回はぽっこり下腹の原因の一つ”ガス”が溜まる原因と、その解消法を紹介させて頂きました。男性・女性どちらも下腹がぽっこりした状態は嫌ですよね。せっかく運動して痩せたのに、ガスのせいで下腹がいつまで経ってもぽっこりしているなら尚更です。まずは生活習慣を正し、ストレスを抱えないように意識してみましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加