EMSを使って下腹のぽっこりを解消

EMSを使って下腹のぽっこりを解消

突然ですが、EMSをご存知でしょうか?その前に、何の略?と思いますよね。EMSとは、Electrical Muscle Stimulationといいます。
体に電気刺激を与えて筋肉を動かす、エクササイズ専用の機械のことをいいます。この機械を使って、下腹のぽっこりをへこませられるのかを調べてみたいと思います。

 

ストレスなく鍛えられます

筋トレは自分の中で「やらなきゃ」「がんばろう」という気持ちがないとできないと思います。ところがEMSに至っては、健康器具なので装着したりその器具に乗っかってしまえば有無を言わさずできるのです。逆にEMSがあれば、どんなときでもやることができることになります。ですからマイナス方向に考えないですみます。

 

 

ですから3日坊主の人でも、続くと思います。電気刺激を与えてくる事で、自然と脂肪を燃焼してくれるのですから。ここが、EMSの利点だと思います。EMSを使いながら、下腹のぽっこりを解消しましょう。

 

EMSを使う前にやっておくこと

そのままEMSを使っても、効果はあると思います。しかしより効果的にすることで、下腹のぽっこりを短期間で解消できるかもしれません
長期間でやりたい人もいれば、短期間で仕上げたい人もいると思います。短期間で解消する方法は、まずEMSを使う前に下腹をあたためることです。

 

 

あたためることで、脂肪が柔らかくなるのです。そうすると、老廃物が流れやすくなります。老廃物が流れやすくなると、腸の調子もよくなり便秘などが解消されるでしょう。このようなことから、温めるとよいことが多いですよね。お腹を温めて、下腹のぽっこりを順調になくせるとよいですね。

 

注意すること

EMSを使い始めのころは、喜びを感じると思います。しかしなれてくると、前よりおちないな?と思う人もいるかもしれません。

 

 

なぜかというと、同じ場所に毎回EMSをあてているからです。同じところに装着すると、筋肉が自然とその刺激に慣れてしまうのです。

 

そして、刺激を与えてもおちづらくなる可能性が考えられます。ですから前日EMSをあてた場所は、休ませるようにして下さい。体を休ませないと、疲れますよね、それは筋肉も同じです。少し休ませてから、また下腹のぽっこりに刺激を与えましょう。

 

まとめ

EMSによる下腹のぽっこりへの影響について、お話しさせていただきました。まずEMSという言葉があることを、知りませんでした。電気を使って脂肪を燃焼させてくれる機械は、CMなどでみたことがあります。それを、EMSというんですね。そしてEMSを使うにあたり、注意することや効果的な要素があるんですね。

 

下腹を温めるのは、冷えにもききそうな感じがします。ですから温めることは、健康的にもよいかと思います。あと筋肉を使って動かしすぎても、効果が得られないのですね。やった分だけ、効果が得られるものだと勘違いしてました。下腹を温めつつ1日おきにEMSをやって、ぽっこりをなくしていきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加