50代の下腹ぽっこり解消方法

50代の下腹ぽっこり解消方法

50代に入ると、下腹がぽっこりしてしまったときに落としにくくなります。特に皮下脂肪がふえてしまうので、ぽっこり解消するのに時間かかってしまうと思います。それでは50代の方が下腹のぽっこりを、上手に落とせる方法を伝えたいと思います。

 

エストロゲンの減少が原因

女性は50代に突入すると、脂肪を燃焼するエストロゲンが減少していきます。それにより、筋力も低下します。筋力もないことから、皮下脂肪がたまりやすくなるのです。だから下腹がぽっこりになりやすくなっていきます。それで以前より、やせづらくなってしまうのです。

 

食事解消方法

納豆や豆腐といった、大豆イソフラボンが入っているものを摂取するようにしましょう。大豆イソフラボンとは、大豆の胚軸部分に多く含まれているのです。活性酵素の動きを抑え、エストロゲンの不足を補ってくれます。大豆イソフラボンが入った食品を、1日1食は食べるように心がけて下さい。

 

 

積極的に外に出よう

天気の良い日は、近所を散歩したり少し自宅から離れた公園まで歩いてみてはいかがでしょうか?ウォーキングをしながら普段みなれた風景をみることで、意外にも新発見があったりします。『ここのお店、なくなっていた』とか『いつのまにか、更地になっていた』など。

 

外に出るときは、スニーカーなど動きやすい靴や服装にしましょう。陽の光をあびることは、健康的によいことです。何日か家にいて、久しぶりに外に出ると気持ちよく感じませんか?体を動かすことで血行も良くなります。血行が良くなれば、痩せる体質へとかわります。そうすることで、下腹のぽっこりが改善できると思います。

 

トレーニングで気をつけること

50代でトレーニングをするとき、注意することがあります。体力がある・ないは個人差があります。ですから、無理のない程度で行うようにしましょう。もしジムなどでトレーニングをする場合、無理なアドバイスをしてくる人がいるかもしれません。相手が知識のある人であっても無理な事は無理だと伝えましょう。そうしないと後々体調が悪くなったり、逆効果になってしまう可能性があるからです。トレーニングを行う時は出来るだけ、長続きするように心がけましょう。

 

まとめ

50代の下腹のぽっこりを解消するためのアイデアを、明記させていただきました。エストロゲンの減少により、痩せづらくなっていくのですね。それにより、下腹がぽっこりになりやすいのだと思いました。豆腐や納豆には、大豆イソフラボンという成分が入っているんですね。この成分が、非常に重要だと思います。コスト的にもそんなにかからないし、健康的にもよいので摂取しやすく感じます。

 

毎日でなくてもいいので、なるべく外に出るようにしましょう。そういった生活をすることで、健康的にもよいですし、下腹のぽっこりも解消出来たり予防になるので、なるべく長く続けていくようにしましょうね。


このエントリーをはてなブックマークに追加