3日でできる下腹のぽっこりをなくす方法

3日でできる下腹のぽっこりをなくす方法

ダイエットは3日坊主になりがちですよね~。でも3日で下腹のぽっこりを解消できたら、嬉しいですよね!そんなわけで、3日という期間内で下腹のぽっこりをなくす方法を探ってみたいと思います。

 

白湯をのもう

白湯には、老廃物を流してくれる役割があります。ではどのタイミングでのむと良いでしょうか?一番効果的なのは、朝起きてから飲む事です。朝というと、バタバタして忙しいことが多いですよね!心の余裕もないことが多いです。そんな時こそ、白湯を飲んで気持ちを落ち着かせましょう。心も落ち着きますし、身体の代謝もよくなって、便秘にも効果的です。白湯を飲んで、下腹のぽっこりを解決しましょう。

 

生野菜は避けましょう

絶対ダメ生野菜やダメとは言いませんが、他の調理法に比べると腸が硬くなってしまうようです。腸が固くなると、便秘がちになります。

 

 

ですから生で食べるより、蒸したりゆでたりといった方法で食べた方がよいかと思います。それに、ゆでたりした方が、消化にも良くカロリーも控えめという利点があるように感じます。

 

入浴はシャワーだけですませない

冬などの寒い時期ではない時や暑い時期は、簡単にシャワーだけですますことありませんか?夏でもエアコンなどで体はひえます。シャワーのみにすると、腸や内臓を冷やしてしまう傾向があります。冷えてしまうことで、便秘になったりします。そうすると下腹がぽっこりしてしまう原因になりますよね。暑い夏だからといって体を冷やさずに、ほどよく温めるようにして下さい。

 

足を組んでお腹をエクササイズ

横隔膜などお腹の筋肉を鍛えることで、下腹のぽっこりを解消しましょう。

 

椅子を使ったエクササイズです。

  1. まずは、椅子に、浅く座ります。
  2. 足を組んで、少し背中を丸める体勢になり体をゆっくり後ろに倒していきます。
  3. そのままの状態で、足をもちあげていきましょう。
  4. このとき足は力を抜いて、お腹の力で持ち上げるようにして下さい。
  5. 3秒ほどで、足をおろします。ここで力を抜いてはいけません。

この動作をお腹の筋肉を使って、10回ほどやりましょう。反対側の足も組んで、同様にやって下さい。これを3日ほどやると、下腹のぽっこりが少しずつ解消されると思います。

 

 

まとめ

3日でできる、下腹のぽっこりを解消する方法を説明させていただきました。生野菜が、あまりよくないのですね~!確かに食べすぎると、消化にも良くないですしね。便秘気味の時は、生野菜は控えた方が無難かもしれません。入浴は湯船につかった方が、下腹を冷やさないし、健康的にも、よいかと思います。どれも3日で自宅でやれる内容だと思います。これを実践して、下腹のぽっこりを解消しましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加