1日でできる下腹のぽっこり解消法

1日でできる下腹のぽっこり解消法

下腹のぽっこりをひっこめるためには、食事に気をつけたり運動習慣をつけて毎日継続させなければなりません。毎日コツコツ続けられる人は大丈夫でしょうけど、飽きっぽい人にとって続けることは、苦痛に感じるかもしれません。そんな飽きっぽい人のために、1日にこれだけやれば下腹がぽっこり解消出来るトレーニングをご紹介したいと思います。

 

ドローインで筋トレ

まずはじめに、ドローインとは何?と思いませんか?ドローインは、ゆっくり時間をかけて息をはき下腹を膨らませていく方法です。風船をふくらまして、萎むまでの工程に似ています!

 

やり方は、

  1. まず壁を背に立ちます。
  2. 息を吸います。
  3. 息をはきながら、下腹を壁の方に向かって押していきます。

この動作を1日5回行いましょう。

 

 

簡単そうに思えて、結構ハードですのではじめのうちは、5回行うのはきついと思う人もおられるかもしれません。様子を見ながら、少しずつ回数を増やしていくようにしてもよいと思います。

 

座り方で下腹のぽっこりが解消

ソファのような柔らかいものではない椅子を用意してください。

  1. まずは椅子に座り、背筋をピンとのばします。このとき両足の間に、握りこぶし2つほどくらいの大きさをあけた状態にして下さい。
  2. そしたら上半身を、前に倒しお尻は突き出す格好をします。そうするとお尻と足の境目に、ゴリゴリした感触の骨があると思います。それが坐骨になります。
  3. 椅子に浅く座り、その状態で背筋を伸ばします。椅子に坐骨がついているかということを意識します。

 

そうすると、自然と下腹に力が入るそうです。

この状態を5分間、1日3回行いましょう。下腹に力が入ることで、ぽっこりを解消できるように思います。

 

 

規則正しい食事

運動も大事ですが、食事も大事です。不規則な、食事をしてませんか?1日3度、規則正しい食事を心がけてください。
特に朝や晩にヨーグルトを食べることをお勧めします。ヨーグルトを食べることで、腸内環境が整います。便秘気味の時にも、効果的です。腸内環境をよくすることで、ぽっこりお腹がスッキリしますよ!

 

まとめ

1日で下腹のぽっこりを抑えることができる方法を説明させていただきました。呼吸であったり姿勢を正すことで、下腹のぽっこりを解消できるんですね!あとやはり、3食の食事は大事です!食生活の乱れから、下腹がぽっこりになることもあると思います。食事に気をつけて、毎日少しの運動を続けることで、下腹のぽっこりをなくしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加