便秘による下腹のぽっこりを解消するには?

便秘による下腹のぽっこりを解消するには?

お通じの調子が悪くて、便秘気味になることありますよね。そうなると普段より、下腹がぽっこりした感じになりませんか?便秘になると、お腹がはります。そこで便秘になるとなぜ下腹がぽっこりしてしまうのか、見ていきたいと思います。

 

なぜ、便秘になるのか?

風邪をひいたときは「昨日、薄着で寒かったからかな」といったように、なんとなく予兆があります。しかし便秘の場合、食べすぎたという以外は予兆をそんなに感じないと思います。実は気がつかないうちに、予兆がある行動をしているのです。

 

例えば、食物繊維をとらない食生活米や芋などには、食物繊維が含まれていますからお米や芋類は、必ず毎日とはいいませんが摂取するように心がけましょう。あと他のことを優先して、トイレを我慢してしまうことありませんか?こういったことが、便秘へと繋がり下腹がぽっこりしてしまうのです。

 

 

腸内環境を整えよう

便秘により下腹のぽっこりを解消方法として、腸内環境をよくするというのが挙げられます。ヨーグルトや納豆といった、乳酸菌やオリゴ糖を含む食材を食べるようにしましょう。ちなみにオリゴ糖は、バナナや玉ねぎに含まれていることが多いようですね。それらを食べることで腸内環境が整い、便がすっきり出ます。腸内環境が整うと、お通じもよくなり下腹のぽっこりもおさまるということですね!

 

 

運動での解消法

運動をして便秘によるぽっこりした下腹を解消するやり方もあります。腹筋などもありますが、年齢幅広くできるものを考えるとウォーキングがお勧めです。新陳代謝をよくすることで、腸の動きが活発になります。そうすれば、下腹のぽっこりを解消できますよね。

 

 

ただウォーキングをやるとき、気をつけてほしいことがあります。それは今までほとんど運動してない人が、急に長い時間や全速力でウォーキングをするとケガに繋がります。ですからはじめは、短い時間でゆっくり始めてください。徐々に慣らし、距離や速度を増やしていきましょう。

 

まとめ

便秘による下腹のぽっこりを解消する方法について、お話させていただきました。
まず便秘の原因を知ることが大事なんだと思いました。トイレを我慢しすぎるだけでも、便秘に繋がってしまうのですね。米や芋類といった、食物繊維が豊富な食べ物を日ごろからとることも大事だと考えます。

 

それと同時にヨーグルトやバナナといった、乳酸菌やオリゴ糖が入った食品の摂取も重要なのだと思いました。そして時間があれば、ウォーキングもして代謝をよくしましょう。食生活と運動により、便秘とぽっこりした下腹を同時に解消できるようにしたいですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加