スポーツトレーナーってどう?自分に合った運動が一番の近道

スポーツトレーナーってどう?自分に合った運動が一番の近道

私は75kgから68kgのー7kgを運動のみでわずか1.5か月で痩せることが出来ました。食事制限は一切していないので、食事でのストレスは一切ありませんでしたし、運動でのダイエットなのでリバウンドも今のところ全くありません。

 

では、私がどのような運動をして痩せることが出来たのかを説明していきます。

 

まず、私が運動で痩せるためには何が必要なのかを調べるところから始めました。何故なら、それまでのダイエットはネットの情報を鵜呑みにしたり、本やテレビでの流行りのダイエットで楽して痩せようとして失敗してきたからです。なので、自分にとってどのようなダイエットが一番良いのかを調べたのです。しかし、調べれば調べるほど、専門的な知識が必要だということに気付きました。

 

次に私が行ったのは専門家、つまり、スポーツトレーナーに相談しました。すると、次から次へと目から鱗状態で、ダイエットに対する考え方を学ぶことになりました。ダイエットの理論を知り、そのとおりに運動を行うだけで痩せれるというのです。

 

そして、自分にあった運動をスポーツトレーナーと共に探しました。それでは、私が行った運動を具体的に説明していきます。

 

SAQトレーニング

私の場合は筋肉量が多い方でしたので、その筋量を活かしてSAQというスピード系のトレーニングを行いました。特にクイックネスという繰り返し動作を如何に素早く行うかといった内容のトレーニングを行います。反復横跳びのようなステップを素早く踏むトレーニングとイメージしてください。20秒間の反復横跳びを全力で行い、40秒間のインターバルで5本を1セットとして3セット行いました。

 

筋持久力トレーニング

本来は脂肪燃焼には有酸素運動が必須なのですが、私はランニングなどの有酸素運動が精神的に苦手です。そこで、有酸素運動の代替えとして筋持久力トレーニングを取り入れました。基礎筋力があったからこそ、筋持久力トレーニングを有酸素運動として代替えに出来ました。筋持久力トレーニングは、繰り返し同じ動作を繰り返して筋肉を疲れさせるトレーニングですが、これを繰り返すうちに繰り返しても筋肉が疲れなくなってきます。

 

私は、猫背の改善も含めて空手の正拳突き300回、前蹴り・後蹴り・横蹴りを左右それぞれ50回ずつ、膝蹴り左右それぞれ150回ずつを行いました。全て、だいたいですが60bpmのテンポで行い、途中で60秒のインターバルを任意のタイミングで5回とります。すると、トータルでおよそ20分間の運動になります。つまり、有酸素運動20分と同じだけの時間を運動することになりました。

 

プライオメトリクストレーニング

私の場合、食生活で炭水化物(糖質)が多めの傾向にありますので、炭水化物を基とした筋グリコーゲンを分解した筋中エネルギーATPをしっかりと使うトレーニングとしてプライオメトリクストレーニングを取り入れました。これは、筋を短縮性収縮の直前に急激に伸張させることで大きなパワーを得ようとするトレーニングです。その場で全力でスキップを10回、1歩助走での最大ジャンプを10回、その場での膝抱えジャンプを全力で10回、この3種を3セット行いました。

 

この3点が私が実施した運動です。トータルで約60分間で済みました。このメニューを超回復の理論に則って週に3~4回を行いました。そして、1か月半後にー7kgを達成することができました。ちなみに体脂肪率は21%から16%になりました。

 

私がこのように運動によって痩せてみて思うことは、やはり「痩せるための理論」がとても大切だということです。そして、運動メニューは個別性があるので万人に合うものではないということも知っておくべき大切なことです。

 

まとめ

つまり、運動で痩せる為には確かな理論に基づいた、自分に合った運動を行うことです。


このエントリーをはてなブックマークに追加