筋トレがダイエットの最短ルート

筋トレがダイエットの最短ルート

体を動かすことが苦手かつ、そういう機会が殆どなかった私がやせられたのは、あるパーソナルトレーナーをつけて筋トレをスタートさせたことがきっかけです。

 

やはりまずは一人ではつい怠けてしまうということと、効果的な運動な何かをわかっていないと遠回りになってしまうため、専門家のアドバイスをもらってそれに倣うのが最も近道だと思って始めたのがきっかけです。

 

始めのセッション代を払うのは高いと思う部分もありましたが、急がば回れ、かつ無駄のない運動で瘦せることができたのは、とても意味が大きかったと思っています。早速その具体的な運動をご紹介します。

 

やることはたったの3種類の筋トレ。一つ目はスクワット10回。足は肩幅に広げて、膝がつま先より前に出ないように意識してお尻を後ろに引きながら腿が地面と平行になるまで下げることを繰り返します。

 

そしてスクワットの次はプランク。お腹に力が入っていることを意識して、足から頭の先までが一直線になっていることを意識して60秒キープします。

 

そして最後の3つ目がワイドプッシュアップ。両手を肩より10センチ以上横に話してワイドに腕を開いた状態で10回のプッシュアップを行うというもので、その時に意識するのは、手首の真上に肩が乗っている状態を維持することです。それを3セット回すだけでいいのです。

 

各3種類の筋トレの合間の休憩は約60秒。大体15分から20分もあれば行うことができるので、毎日忙しい方でも隙間時間を見つけて実践することができるのがいいところです。

 

あとは特にジムに通わなくても、自宅でマットを引くだけで実践できてしまうので、やるためのハードルも低くて済みます。理想は毎日続けることですが、一日置きや3日に一回やすだけでも断然効果があります。食事も一緒に意識することが大事で、たんぱく質をとるように心がけてもらいたいところですが、運動だけでもお腹周りの贅肉の付き方が大きく変わるので、見た目の変化を伴うことで、モチベーションも大きく向上し、続けることがそんなに苦にならず、むしろ楽しみながら実施できることと思います。

 

有酸素運動もいいかもしれませんが、一番は筋肉量を増やして代謝をあげること、これが一番の痩せることへの近道であることには違いはないと確信しています。一日15分から20分の時間を見つけて継続実施していくこと、そこまでの強い意志はなくともできると思いますので、まずは是非やる週間を身に着けることからスタートさせてみてください!


このエントリーをはてなブックマークに追加