ぽっこり下腹のダイエット法とは

ぽっこり下腹のダイエット法とは

食べ過ぎてしまったり、年齢とともに下腹がぽっこりとでてきてしまうことありませんか?そうなると「ダイエットしなきゃ」と思いますよね。しかし実践するものの、なかなかうまくいかないこともあります。そこでぽっこりお腹を解消するダイエット方法を説明したいと思います。

 

なぜぽっこりお腹になってしまうのか?

知らず知らずに、下腹が気になることありませんか?なぜなってしまうのだろう?と思うことでしょう。原因として考えられるのは、骨盤の歪みや内臓脂肪からなるといわれてます。出産後などに、骨盤が歪んでしまうこともあります。骨盤のゆがみにより、内臓の位置が下がり、これにより骨盤が内臓を支えきれなくなり、歪んでしまうのです。

 

次に内臓脂肪においては、食べたものが完全に消化せず残ってしまうことがあります。そういった場合消化しなかったものが内臓にたまることで、結果脂肪がたまり下腹がぽっこりしてしまうのです。

 

 

ぽっこりお腹を解消するダイエット方法

食事のメニューや、たべるタイミングを見直しましょう。ダイエットというと、食事の量を減らせば痩せれると思いますよね。量ではなく、カロリーなのです。カロリーを低いものに変えることで、ダイエットに繋がります。お肉を例にあげると、牛を鶏に変えるだけで違います。牛より鶏の方が、カロリーは低めなのです。

 

そして調理方法も、少し工夫してみましょう。炒めものは、油を使いますよね。ですが蒸したりゆでたりすれば、油を使わずにすみます。このような感じで、少しやり方をかえることでダイエットに結びつくと思います。

 

規則正しい生活が大事

普段の生活からも、気をつけることがあります。朝食は、抜かないようにして下さい。忙しかったり寝坊して、食べる時間がないというときは、野菜ジューズやスムージーなどで補いましょう。朝食を抜くと、お昼を食べるとき胃が必要以上に元気になってしまうのです。そうすると、普段の昼食の量よりたくさんたべてしまう傾向になってしまいます。そしていつもより腸に食べたものが多くたまり、内臓脂肪が増えてぽっこりお腹になってしまうケースがあり得ます。

 

 

まとめ

ぽっこりお腹とダイエットの仕方について述べてみました。いかがだったでしょうか?骨盤の歪みや内臓脂肪が原因で下腹がぽっこりしてしまうのですね。出産後に骨盤の歪みがある方は、整形外科など専門のところでみてもらうことをお勧めします。

 

あと食生活は大事ですね。規則正しい食生活に加え、カロリーを考えて食事をすることが重要かと考えます。低カロリーの食事の本やアプリなどがありますよね。そういうのを参考にしながら、ダイエットするようにしてほしいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加