朝晩の習慣で下腹ぽっこりを改善しよう

朝晩の習慣で下腹ぽっこりを改善しよう

どんなダイエットやトレーニングをしても下腹のぽっこりだけはなかなか改善しないっ!という人に朗報です。最近の研究から、朝晩の過ごし方によって下腹のぽっこりの改善が期待出来ることがわかったそうです。下腹ぽっこりを改善するためには、食べ物を減らすとか、運動をするだけではなく、それをいつするかが大事だそうです。

 

夜たくさん食べると太るという事はほとんどの方が知っている事実だと思いますが、身体の中で栄養を消化吸収する働きにリズムがあるということは知らないかもしれませんね。脂肪が燃えやすい時間帯に筋トレする、脂肪を蓄えやすい時間帯には太りやすい食べ物は控えるなどの身体のリズムに合わせてダイエットすれば、結果的に体脂肪がつきにくくなり下腹のぽっこりが効率的に解消されるのです♪

 

特に、朝と夜の過ごし方によって下腹ぽっこりを改善するのに善し悪しがありますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

朝ごはんはしっかり食べる

下腹のぽっこりが気になる人は、飲み物だけで済ませるのではなく、朝ごはんをきちんと食べましょう。朝からご飯を食べると身体が活動モードになり代謝も良くなります。その際、たんぱく質などいろいろな栄養を一緒に食べるようにしましょうね♪

 

 

 

朝の甘いものは太りやすい

朝から昼にかけての時間帯は腸から糖質を吸収しやすいです。特に、甘いものをたくさん食べて血糖値が急上昇するとインスリンが出て余った糖を取りこんで中性脂肪になってしまいます。甘いものを食べたら血糖値が急激に下がるのですぐにお腹もすいてしまって、食べる量も増えてしまいます。血糖値の急上昇を防ぐように、糖質だけではなく食物繊維やタンパク質なども一緒に食べるようにしましょう♪

 

 

夕方の運動は代謝が高まる

朝の運動も交感神経を上げることによって代謝を高めることが出来ますが、夕方は特に交感神経が活性化していますので、脂肪の分解がより活性化します。日中脂肪分の多い食事をしていても、夕方に運動をすれば体重が増えないとも言われています。夕方の運動習慣を続けたいものですね♪

 

 

 

夕飯は控えめに

1日の食事量が同じだとしても、朝食より夕食の量が多い人に肥満の人が多いと言われます。寝ている間は身体に蓄えている脂肪をエネルギーとして使うのですが、夕食を多く摂ることによって蓄えていた脂肪を使うチャンスを失ってしまいます。夜22時~深夜2時に身体に脂肪をため込む割合が高いと言われています。深夜の夜食が習慣になると脂肪がつきやすくなるので注意しましょう。

 

 

寝る前のスマホは睡眠の質が下がり日中の代謝が悪くなる

寝る前のスマホのブルーライトは寝つきを悪くし、睡眠の質を落としてしまいます。結果的に体内時計が狂って日中の代謝も落ちてしまいます。下腹ぽっこりを解消したいなら寝る1時間前にはスマホは見ないようにして夜0時までに寝るようにしましょうね♪

 

 

 

夜更かしは翌日太る元

夜更かしすると体内時計が狂います。その上睡眠時間が短かいと日中に食欲が増してエネルギー代謝も落ちるので、太りやすくなります。気をつけましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加