家でできるダイエット効果が期待できる運動

家でできるダイエット効果が期待できる運動

コロナで自宅にいることが増え、太ってしまった方もいるでしょう。外出したくても以前のように気軽にできなり、思うように体を動かせなくなった方のために“家でできるダイエット”を紹介したいと思います。

 

家でできる有酸素運動

有酸素運動と聞くとウォーキングやジョギングを思い出す方が多いと思いますが、家でやるには困難です。そこでおすすめしたいのが「スロースクワット」「階段証拠」「フラフープ」「トランポリン」です。フラフープとトランポリンはある程度場所が必要になりますが、家にいながら高い有酸素運動効果が実感できるので、できる方はぜひチャレンジしてみてください。

 

「スロースクワット」

代表的な筋トレで、本来無酸素運動になりますが時間をかけることで有酸素運動に変化します。その場で行えるので場所も取りませんし、手軽にできるので今すぐはじめられるでしょう。

  1. 足を肩幅に開き、足先はやや外側に向けます。
  2. 背中はまっすぐ伸ばし、腕は前に突き出します。
  3. 10秒かけてゆっくり体を下げ、太ももと床が平行になるようにします。
  4. その後、ゆっくり体を上げていきます。
  5. この動作を10回繰り返したら1分間のインターバルを挟んで残り2セット行います。

 

「階段昇降」

階段がなくても、階段くらいの高さの台でも代用できます。階段の上り下りをするだけで良いので簡単ですし、効率良く脂肪燃焼できるのでおすすめです。

  1. 階段に右足→左足の順で一段登ります。
  2. その後、右足→左足の順で降り、これを10分間続けます。
  3. インターバルを1分間挟んだら、残り2セット行います。

 

家でできる無酸素運動

ダイエットの効果を高めるなら、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせると良いでしょう。おすすめは「腹筋」「腕立て伏せ」。過酷ですが、十分な効果を実感できるのでおすすめです。

「レッグレイズ」

いわゆる腹筋のことです。床の上で行う場合、ヨガマットを敷くと安全に行えます。慣れるまでは筋肉痛を感じるかもしれませんが、無理をせず継続することが大切です。

  1. 仰向けになり、両手を体の横に広げます。
  2. 膝を伸ばしたままにし、おへその辺りまでゆっくり両足を上げていきます。
  3. 垂直になるまで両足を上げたら、今度はゆっくり下げていきます。
  4. かかとを床すれすれまで下げたら、再び両足を上げていきます。
  5. これらを10回×3セット行いましょう。

 

まとめ

有酸素運動も無酸素運動も、家で簡単にできるので今すぐはじめることができます。これらをやるだけで鈍っていた体も目を覚まししっか痩せられます。ぜひ毎日続けて理想のボディを手に入れてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加