お腹を意識的に凹ませることの効果と大切さ

お腹を意識的に凹ませることの効果と大切さ

 

24時間の毎日を過ごしていて、お腹にぐっと力をいれている時間はどれくらいあるのでしょうか?意識しなければ、ほとんどの方が皆無といってもいいでしょう。

 

私の妹が太って弛んだお尻を気にして、バイトしている間の4時間半くらいずっと意識してお尻をキュッと上げるのを2週間近く続けていたところハッキリ効果がみられたと言っていました。それにはかなりの意思が必要ですが、意識的にへこませ続けると、身体がいつの間にか慣れ始めます。それが、継続的なものになれば、やがてスタイルの良い状態を作ります。

 

意識してお腹に力を入れるとお腹は確実に凹む

意識してお腹に力を入れるともちろん凹みます。同時に背筋が伸びることで、姿勢改善もできる。姿勢が悪い人、特に『猫背』の人は知らず知らずのうちに身体に多くの悪影響を及ぼしていることに気づけないでいます。

 

 

下腹にできやすい大きい横ラインのシワ』という記事にて、猫背の原因や詳しい症状の説明、改善方法(ストレッチ・筋力トレーニング)を紹介しています。

 

腰痛があるからお腹に力を入れられない時におすすめな方法

意識的にお腹に力を入れたいけど私は腰痛があるから無理そう…と思われる方もいらっしゃると思います。お腹に力を入れるのが難しい人向けへの有効的な方法があります。垂直の壁に背を向けて両肩をぐっと壁側に押し付けると、自然と背筋が伸び、更にお腹が凹みます。お金がかからないコスト0のお腹ぽっこり解消の手段です。

 

背骨の痛みは危険なサイン

しかし、注意したいことがあります。それは間違えて背骨をそらして痛めてしまうことです。背骨に歪みが生じると、周囲の神経や血管が圧迫されることで痛みを感じるのです。背骨の痛みは危険なサインだともいわれるので、注意しましょう。ヘルニアや、内臓の疾患(気管・肺,心臓・血管,腎臓,消化器系,子宮,神経系)など様々です。

 

 

腰痛.comにて、背骨の痛みの8つのチェック項目があります。専門機関で検査を受けた方が良いなと感じた方は、内科・整形外科・脊椎ドックといった3つの機関に足を運びましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加