セルライト吸引ってどんな手術なの?

セルライト吸引ってどんな手術なの?

 

太ももをガシッと掴むと、凸凹したものが皮膚の表面上に出てきませんか?これはセルライト(cellulite)といって、フランスで生まれた「cellule(細胞)」+「ite(鉱物)」という合成語が語源です。どうしてこのようなものができるのかといいますと、身体が太っていくと皮下脂肪の細胞も肥大化します。すると、周囲の血管やリンパ管を圧迫してしまい、血液やリンパの流れが悪くなり、体にとって悪影響を及ぼすものが蓄積していきます。

 

こういった状態が続くと、脂肪細胞の一部が変形し、結果ボコボコになってしまいます。主に腹部や臀部(お尻の部分)、大腿部(太もも)に不均一に、かつブロック状に存在しています。女性はもとより皮下脂肪が多いために男性よりセルライトがよく見られます。

 

対処方法は、三つあります。

  • 自宅で除去する方法です。リンパマッサージやセルライト除去クリームは効果的な方法のようです。
  • 痩身エステです。専用の機械で、セルライトをぐりぐりマッサージして繊維をほぐしていくものです。
  • セルライト吸引です。手術でセルライトの原因の脂肪を直接除去する方法で、2通りあります。

 

セルライト原因の脂肪を直接除去する手術は「脂肪吸引」と「イタイリアンメソシェイプ(脂肪溶解注射)」といった手術です。「脂肪吸引」は、ざっくりと余分な脂肪を除去するのには大変有効的です。

 

しかし、セルライトによって凸凹になった皮膚を滑らかにすることはできません。もう一方の手術は、細い針の注射によって、ピンポイントで除去したい脂肪部分に刺激を与えることができます。この手術のすごいところは、脂肪のボリュームを減らしつつ滑らかにすることができるところです。

 

 

万能に聞こえますが、このセルライトへの手術は感染症と大量出血のリスクがあることを忘れてはいけません。脂肪吸引によって内臓を傷つけ死亡したという例もあります。また、部位によって異なりますが、10万円~30万円といった高額な費用を必要とします。自分にとって本当にしなければけない手術なのか、熟慮して病院にいきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加