痩せたいなら“走るor歩く”どちらが効果的?

痩せたいなら“走るor歩く”どちらが効果的?

ダイエットと言えば運動が欠かせませんが、実際のところ「走る」のと「歩く」のではどちらが効果的なのでしょうか?痩せたいけど運動はしたくないという方もいるでしょう。本当のところ、どちらが痩せやすいのか調査してみました。

 

結論から言ってどっちが痩せやすいの?

走るのと歩くのでは「走る」ほうが十分な運動になりますが、運動が苦手な人にとって走るのは苦痛です。一方で歩くのも有酸素運動になり、ダイエット効果を実感できます。よって、効果が出るまでの日数は走るほうが早いですが、マイペースにゆっくり痩せたい方は歩くのでもしっかり効果は得られるでしょう。

 

ですから走った方が痩せる、歩いたほうが痩せるといった決まりはありません。むしろ走るのが苦手な人が走ってもストレスになり痩せられません。運動強度は高くても歩くより大変なため、自分の体に合った方法を選ぶのが一番でしょう。

 

結論、どっちでも継続すれば痩せられます。

 

運動するのに効果的な時間帯

走る場合でも歩く場合でも、重要なのは“運動する時間”になります。よりダイエット効果を高めたいなら、やはり朝に行ったほうが効果はアップします。朝は代謝が低く体内が空っぽの状態なので、痩せるのには最適の時間帯だからです。また体を動かすことで基礎代謝もアップし脂肪燃焼しやすくなりますから、なるべくは朝に走るor歩くようにすると良いでしょう。

 

ただ脱水しやすいので、水分補給は忘れないようにしてください。

 

運動は食前・食後どちらが良い?

では、食前と食後ではどちらが効果的なのでしょうか?結論から言いますと、食前です。要するに運動をした後に食事をしたほうが代謝もアップしているのでいろんなものを吸収しやすいからです。もちろん悪いものも吸収してしまうので食事内容は気をつけなければいけませんが、良質な食事を心がければみるみるうちに痩せられるでしょう。

 

おすすめの朝食は、

  • 体を温める
  • 野菜たっぷり
  • 韓国風〇〇
  • オートミール

 

温活を意識し野菜やきのこ類をたっぷり使ったスープ系が効果的です。韓国料理は代謝が高まる料理が多いのでダイエットには最適でしょう。ただ朝なのでニオイが気になるものは避けましょう。オートミールは不溶性食物繊維が豊富に含まれており満腹感もあるのでダイエットの強い味方です。

 

まとめ

痩せるために運動を取り入れてる方は少なくありません。走るのも歩くのも十分効果があることが分かりましたが、ダイエットを成功させるためには運動だけではなく食事も意識したいところです。今回紹介した食事方法をも参考に、規則正しくダイエットしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加