産後でも痩せたい!授乳中のダイエットについて

産後でも痩せたい!授乳中のダイエットについて

出産を経験したことのある女性で、体型の崩れに悩んでいる方は少なくありません。また授乳中は痩せる人と痩せない人がおり、必ずしもすべての人が産後に痩せるわけではないため、ダイエットも困難です。そこでここでは「産後も痩せたい!」という方のために効果的なダイエット方法を紹介します。

 

なぜ産後は太りやすいのか

原因はいくつかあります。まず、妊娠中の食生活が習慣になっているケースです。妊娠中に暴飲暴食の癖がついていると、産後もそれがなかなか抜けません。また妊娠中はなかなか運動できないことから基礎代謝も低下し、ダブルで“太りやすい体質”になってしまっているのです。もちろんすべてのママが同じ理由で産後太りしているわけではありませんが、ほとんどのケースは“食べ癖”が大きいと言われています。

 

授乳中に痩せやすい人

しかしなかには産後に痩せる人もいます。また「産後は痩せやすい」という意見もあるため、何もしなくても痩せるものだと勘違いしている人もいるはずです。実際、産後は痩せます。ただそれは“脂肪の種類”によります。

 

妊娠中はどうしても水分と脂肪を溜め込みやすいため、水分が多い脂肪の場合は産後に痩せやすくなります。逆に脂肪のみで太っている場合は、残念ながら産後でもなかなか痩せません。痩せないからとそのままにしておくとより痩せにくくなるので、ダイエットをするなら正しい方法で産後落ち着いてからすぐ行ったほうが良いでしょう。

 

授乳中の効果的なダイエット方法

産後に痩せたい場合は、やはり“正しいダイエット方法”を行うのがベストです。すぐに痩せたいからと無理な食事制限をすると体を壊すだけでなく母乳中の赤ちゃんにもよくありませんから、必ず正しい方法を実践してください。それを踏まえたうえでおすすめのダイエット方法を紹介します。

 

和食中心

授乳中はママが食べたものがすべて赤ちゃんの栄養になりますから、当然味の濃いものや偏った食生活はNGです。おすすめは和食。低脂肪・高たんぱく質を積極的に摂り、薄味にしましょう。

 

炭水化物の摂取量

炭水化物を過剰摂取するのもよくありません。炭水化物は摂りすぎると血液がドロドロになり、乳腺炎になる恐れがあるからです。また母乳も出にくくなるので量には気をつけましょう。

 

1日の摂取量

ただ摂取量を減らすのではなく、年齢や体重に合わせて減らします。体を動かすことが多い方はそれも合わせて1日に必要な摂取量を考えましょう。たくさん動いているのに減らしすぎるのは危険です。

 

まとめ

ダイエットをするなら授乳中がベストです。期間が空きすぎるとより痩せにくくなりますから、なるべく産後早めにはじめ、元のスタイルに戻しましょう。もちろん授乳中なので無理は禁物。正しい方法で健康的なダイエットを心がけてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加