貧乳にならずにダイエットを成功させたい!理想的なボディメイク

貧乳にならずにダイエットを成功させたい!理想的なボディメイク

ダイエットをすると、バストから減っていく…という女性は少なくありません。せっかく痩せても、貧乳になってしまってはガッカリしてしまいます。そこでここでは、ダイエットをしつつも貧乳にならない、“理想のボディ”が手に入る方法を紹介したいと思います。

 

貧乳になってしまうダイエット法がある?

あなたのダイエット法は、もしかしたら間違っているかもしれません。痩せるつもりでやっていたダイエットが、実は貧乳を招いている可能性が…?!まずはその原因を知りましょう。

 

食事制限

ダイエットと聞いて真っ先に浮かぶのが食事制限です。もっとも手っ取り早く、すぐにはじめられるので、皆さんも一度はチャレンジしたことがあるのではないでしょうか。しかしこの食事制限、実は貧乳の原因になると言われています。

 

理由はいくつかあり、

  1. 栄養不足
  2. 血液不足
  3. クーパー靭帯の機能低下

などが挙げられます。

 

しっかり食事をしないのですから、当然栄養バランスも乱れます。栄養バランスが乱れると、血液が作られにくくなり、細胞機能がどんどん低下してしまいます。その結果、貧乳に…。またクーパー靭帯も、食事制限によって弱くなります。この組織が低下すると、貧乳になるだけでなく、垂れ乳の原因にもなるので要注意です。

 

ジョギング

ジョギングは有酸素運動なので、ダイエットにとても良いと言われています。しかし女性の場合、走ることでバストが揺れ、どんどん脂肪が燃焼されてしまいます。バストは脂肪の塊ですから、貧乳になりたくない方は、同じ有酸素運動ならジョギングよりもウォーキングがおすすめです。

 

バストを維持してダイエットするには

では、バストサイズを維持してダイエットを成功させるためには、どうしたら良いのでしょうか?ポイントは、「食事」「マッサージ」です。この2つを意識してダイエットをすれば、痩せても貧乳にならずに済むでしょう。

 

食事

まず食事は、良質なタンパク質やイソフラボンを積極的に摂りましょう。動物性と植物性なら、7:3の割合がおすすめです。タンパク質は毎日しっかり摂ったほうが良いので、食事量を調整する場合でも減らさないようにしてください。他にも、牛肉・豚肉・鶏肉・鶏卵・青魚・緑黄色野菜なども効果的です。ただしタンパク質は摂りすぎもNGなので、1日100g程度を目安に摂取するようにしましょう。

 

マッサージ

マッサージは、貧乳にならないだけでなく、垂れ乳防止にもなります。
やり方は、バストの上を拳で円を描くようにほぐしていきます。次に脇を内側にしっかり引き寄せます。このとき、息を吐きながら内側へ、息を吸いながら元に戻します。5回繰り返すとOK。両手を使ってバストの形を整えます。丸く円を描くように、優しくマッサージしましょう。

 

大胸筋を鍛えてあげるのもおすすめです。

 

まとめ

貧乳は、猫背など姿勢が悪くてもなると言われています。姿勢が悪いと。肩が凝り貧乳や垂れ乳に繋がります。バストの脂肪が落ちないようにダイエットをするのも良いですが、日頃から姿勢を意識することも貧乳防止になるでしょう。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加