ぽっこり下腹はピラティスで解消できる!効果的なやり方とは

ぽっこり下腹はピラティスで解消できる!効果的なやり方とは

ぽっこり下腹は、一度お肉がつくと痩せにくいと言われています。スッキリ引き締まったお腹は、とても魅力的です。では、どうすればぽっこり出た下腹をキュッとスリムにすることができるのでしょうか?ここでは、頑固な下腹のお肉を「ピラティス」で痩せる方法を紹介しています。頑張ってダイエットをしてもなかなか痩せないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

下腹がぽっこりする原因

下腹は、どんなにスリムな人でもぽっこりしている場合があります。そのため、太っている=下腹が出ているわけではなく、痩せていても下腹は出てしまいます。そこでまず痩せる前に、原因をしっかり知ることが大切です。

 

脂肪

一番分かりやすい下腹ぽっこりです。いわゆる内臓脂肪によるもので、ダイエットをすればスッキリするケースが多いでしょう。ただ脂肪による下腹ぽっこりはメタボリックシンドロームになっている場合もあるので注意してください。

 

便秘

女性に多いのがこのタイプの下腹ぽっこりです。腸に溜まった老廃物をきちんと排泄できていないので、余分なものが蓄積され下腹が出てしまいます。無理なダイエットや悪玉菌の増加、運動不足などで起こりやすいと言われています。

 

他にも、胃下垂や猫背などでも下腹が出やすいでしょう。筋肉がない方も下腹がぽっこりしやすいので、集中的に鍛えてあげることで引き締まった綺麗なお腹を手に入れることができます。

 

そこでおすすめしたいのが「ピラティス」というわけです。

 

なぜピラティスが下腹痩せに効果的なのか

ピラティスは集中的に下腹を痩せられるので、食事制限をするよりも効果的に下腹を引き締めることができます。特に筋力の低い女性は、意識をしてお腹を鍛えることdスッキリとしたお腹を手に入れることができるでしょう。便秘解消にも繋がるので一石二鳥です。

 

正しいピラティスのやり方

ひと口にピラティスといっても方法はさまざまです。今回は、便秘解消効果も期待できるこちらを紹介しましょう。簡単にできるので、ピラティス初心者さんでも安心です。

 

排泄をスムーズにするピラティス
  1. 背筋を伸ばし、両手を頭の後ろに当てます。
  2. 息を吸ったら、吐きながら腰を丸くします。
  3. そのまま後ろへゆっくり倒れます。完全に倒さず、途中で止めるのがポイントです。

 

この動きを交互に5セット繰り返しましょう。慣れるまではあまり倒さなくてもかまいません。動作をゆっくり行うことで、腹筋を刺激し下腹ぽっこりを解消することができます。

 

まとめ

ピラティスにもいろんな種類がありますから、今回紹介した方法はあくまで一部です。猫背など姿勢の悪さからくる下腹ぽっこりはピラティスよりも姿勢を矯正したほうが効果的ですから、まずは自分の下腹がなぜぽっこりしているのか、原因を知ることが引き締めるための近道になるでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加