漢方ダイエットなら“痩せ体質”になれる?やり方と注意点

漢方ダイエットなら“痩せ体質”になれる?やり方と注意点

 

「食事制限は大変、運動は苦手、でも痩せたい!」

 

そんな方におすすめしたいのが漢方ダイエットです。漢方ダイエットは、それぞれの体質に合った漢方を摂取するだけで良いので、無理なく続けやすいというメリットがあります。また体の中から改善できるので、リバウンドもしにくく健康的に痩せることができます。

 

ここでは、そんな漢方ダイエットについて紹介しています。どんなダイエットも失敗ばかりしてきたという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ダイエット効果が期待できる漢方

ひと口に漢方といってもさまざまですから、きちんと調べてから実践する必要があります。「漢方を飲めば痩せる」ではなく、ダイエットや体質に合った漢方を選ばなければいけません。

 

まずは、ダイエット効果が期待できるおすすめの漢方を3つ紹介します。

 

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

脂肪燃焼効果があり、摂取することで体内に熱を生じ脂肪を燃やしてくれます。18種類の生薬と体内の熱を冷ます生薬、暴食で弱った胃を改善してくれる生薬など、いろんな生薬が少しずつ配合されています。高カロリーな食事が好きな方や、つい暴飲暴食してしまう方におすすめの漢方でしょう。

 

防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)

疲れやすく、筋肉が柔らかい方に適した漢方になります。水太りしやすい、運動不足、すぐに汗をかく方、また下半身がむくみやすい方もおすすめです。胃腸の働きを改善し、水代謝も良くしてくれるので、体内の流れがスムーズになってくるでしょう。

 

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

便秘がひどい方、のぼせやすい方におすすめの漢方です。

 

漢方の選び方

肥満にもいろんなタイプがありますから、漢方を選ぶときはそれぞれの体質や症状をきちんと調べる必要があります。ですから、一番安心なのは専門家に相談することです。ネットの情報を鵜呑みにして適当に選んでしまうと、まったく効果を感じないので気をつけてください。

 

漢方ダイエットをするうえで気をつけたいこと

漢方は、種類によって効果や服用方法が異なります。また体との相性もありますから、ただ飲むだけでは実はあまり良くないと言われています。服用時の注意点もあるので、十分な知識を得てから飲むようにしましょう。

 

たとえば防風通聖散なら、通便・利尿・発汗などの作用が強いので他の漢方よりダイエット効果が高いのですが、そのぶんリバウンドしやすいと言われています。ですから、食生活の改善も必要になります。また、冷え性や胃腸が弱い方にも適していません。桃核承気湯は、便秘解消に適した漢方ですから、快便な人が飲むとお腹を壊してしまう恐れがあります。

 

まとめ

漢方ダイエットは、どのダイエットを試しても効果を実感しにくい人、体内改善したい方に向けた最終手段と言っても良いでしょう。また合う・合わないもありますので、あまり安易にはじめないことも大切です。もし漢方ダイエットをはじめる場合は、専門家にきちんと相談することをおすすめします。


このエントリーをはてなブックマークに追加